質問⑤過去に1度だけ暴力を振るいましたが離婚を回避できますか?


ご相談内容

悩む男性のイメージイラスト現在、妻から離婚を言い渡されていて、弁護士を雇ってきて、離婚をしたいと言ってきました。

離婚を認めないなら裁判に持ち込むとまで言われています。

条件は離婚を認める事。離婚協議をする期間、同じ家に居たくないのでとりあえずの家を見つけて別居してくれ。とのことを言われています。

原因は私が悪いのですが、1年ほど前にけんかをして手を挙げたことです。DVとなるようですね。

このことは以前、反省をして謝罪をしていましたが、許されることがない状態です。(現在もそうです)

3日前に弁護士を連れてきて明日、とりあえずの家(アパート)をなんとか見つけて、家を離れなければなりません。

一応、とりあえずの家(アパート)は見つかりましたけど。こんな状況で離婚を回避できることはできますか?

ちなみに子どもが2人(10歳、8歳)います。子供とも離れたくありません。

持ち家なのでローンがまだ30年あります。

仮に離婚となった場合、子供は自分が引き取りたいです。ただ嫁も同じく引き取りたいと思っています。

また離婚となった場合は、家は売却しようと思うのですが、どうなるのでしょうか?

 

ご回答

相談者様

メールでのご相談ありがとうございます。

弁護士西村裕一画像今回は、西村がご回答いたします。

まず、相談者の方は離婚をできれば避けたいということです。

相談者の方が離婚に応じれば、協議離婚という形で離婚することができますが、仮に、そうでなければ、相手方がいうように裁判ということになります。

相談者の方が離婚を回避されたいということでしたら、是非とも一度カウンセリングを受けてみてはどうでしょうか。

当事務所は離婚カウンセラーと提携していますので、カウンセリングを受けることで、今後の夫婦生活を改善するきっかけになるかもしれません。

>> カウンセリングについては、こちらをご覧ください。

法律的な話をしますと、裁判での離婚の場合には、法律上離婚原因が必要となります。

今回問題となるのは、「その他婚姻を継続しがたい重大な事由」があるかどうかです。

説明する男性のイメージイラスト相談者の方のお話ですと、1年前に相手方に手を挙げてしまったことが原因とのことですが、これだけで「その他婚姻を継続しがたい重大な事由」があるといえるかは何とも言えません。

もちろん、この時の暴力の程度やけがの具合にもよりますので、直接お話を聞かせていただければ、具体的なアドバイスができると思います。

また、別居の話を弁護士も交えてしているようですが、相談者の方が離婚したくないのであれば、別居はしない方がよいでしょう。

というのも、別居が長くなればなるにつれて、婚姻関係が破綻しているとして、「その他婚姻を継続しがたい重大な事由」があると判断され、裁判で離婚が認められる可能性が高まるからです。

加えて、お子さんと別居すれば、親権者となることも非常に難しくなってきますし、相手方の婚姻費用(生活費)を負担しなければならなくなります。

説明する男性のイメージイラストもっとも、相手方は弁護士に依頼しているということなので、相手方の離婚意思は固いと考えられますので、相談者の方がご自宅を出ていかないのであれば、相手方が家を出る可能性はあるでしょう。

親権については、子どもの成育歴の中でこれまでの「主たる監護者」が誰かということが重要です。

主たる監護者のこれまでの監護状況に問題が特になければ、主たる監護者が親権者となるのが通常です。

また、相談者の方はご自宅を売却されたいとのことですが、婚姻後に購入されているのなら、離婚するにあたっては財産分与の対象になりえます。

住宅ローンのイメージ画像現在の不動産の評価額と残っているローンとの差額がプラスになるのであれば、売却金額を夫婦間で分けることになります。

仮に、オーバーローンの場合には、財産分与は発生しませんが、ローンの支払いをどうするかについて、相手方と話し合う必要があります。

ただし、まずは相手方がご自宅について今後も住み続けるつもりなのか、それとも売却して構わないのか、どういった考えをもっているのかを聞いてみないことには話が進まないと思います。

弁護士バッジのイラスト今回の回答を参考にされて、さらにアドバイスが欲しいということでしたら、ぜひ一度弁護士に直接相談されてください。

また、カウンセリングのご相談も当事務所にお電話いただければ対応いたします。

 

 



離婚にまつわるトラブルのQ&A