面会交流はどうするか


面会交流とは

母子のイメージ画像面会交流(面接交渉ともいいます)とは、離婚の際に、親権者とならず、子を監護養育していない親が、子どもに面会したり、一緒に時間を過ごしたりして交流する権利のことです。

離婚に際しては、この面会交流について、頻度や方法等を決めることが必要です。

面会交流の有無・程度 面会交流については、よく親権を取る側(多くの場合は妻側)から相手方に会わせたくないとの相談を受けます。

離婚に際しては、この面会交流について、頻度や方法等を決めることが必要です。

 

 

面会交流の有無・程度

子供のイメージ画像面会交流については、よく親権を取る側(多くの場合は妻側)から相手方に会わせたくないとの相談を受けます。

しかし、面会交流は、子どもにとっても重要であると考えられているため、面会交流を申し立てられた親は、基本的には拒否することはできません。

すなわち、いくら離婚したとはいえ、子どもにとって親であるということは変わりません。

子どもにとっては、別居していなくても、定期的に交流させてあげたほうが心身の発達にとっても好ましいと考えられています。

そこで、よほどの事情がない限り、面会交流をさせることを前提に、回数等を検討しておくべきです。

 

 

面会交流権が認められない場合

面会交流をさせることが、子どもの利益・福祉に反する場合は、認められないことがあります。

具体的には、
アルコール依存症のイメージイラスト
●アルコール依存症や性格破綻
●子どもに暴力をふるう子どもの心を動揺させる
●悪影響を与える経済力があるにもかかわらず
●養育費を支払わない子どもが面会交流を望んでいないなどの場合が考えられます。

このような場合、当事務所では、面会交流の制限の可否について、アドバイスするとともに、適切にサポートしていますので、まずはお気軽にご相談ください。

>> ご相談の流れについては、こちらをご覧ください。

 

 

面会交流の方法等

父子のイメージ画像面会交流を行う場合には、後々のトラブル防止のために、できるだけ細かく条件・方法について決めておきましょう。

決めておくべき事項としては、以下のようなものが考えられます。

チェックのイメージイラスト 回数(月に何回か、半年に何回か、など)
 時間(何時間か、何日間か)
 方法(宿泊を含むか、どのように会わせるか、学校行事についてはどうするか)
 場所(どこで面会交流するか)
 子どもの意思についてはどうするか

 

 

面会交流を行う際の注意点

よりよい面会交流を実現するために、面会交流を行うための注意点をご紹介しておきます。

 

別居している親の注意点

子供と遊ぶお父さんのイメージイラスト・子どもの成長のペースをよく見ながら接する
・大げさな態度をとったり、物で釣ったりしない
・離婚したこと、今の生活への愚痴を言わない
・同居している親の悪口は言わない

同居している親の注意点

手を振るお母さんのイメージイラスト・離婚したこと、今の生活の愚痴を言わない
・別居している親の悪口は言わない
・気持ちよく送り出す
・面会の様子を根掘り葉掘り聞きだそうとしない
・子どもが面会の様子について話してきたときは、じっくり聞いてあげる。

面会交流については、多くの離婚問題を扱ってきた弁護士にご相談されてください。

 

 

「面会交流」についてよくある相談Q&A

[面会交流についてよくある相談Q&Aをもっと見る]


「面会交流」が争点となった解決事例

[面会交流についての解決事例をもっとみる]


離婚を考えたとき、押さえるべき8つのポイント