慰謝料


慰謝料とは

586889a498bcbc7498e70bd83bf7d114_s離婚慰謝料は、相手方の有責行為によりやむなく離婚するに至った精神的苦痛に対する賠償を求めるものです。

そして、理論的には、離婚原因となった有責行為による慰謝料(離婚原因慰謝料)と離婚による慰謝料(離婚自体慰謝料)は区別されています。前者には例えば不貞行為や暴力行為そのものの慰謝料が典型です。

しかし、離婚訴訟の裁判例においては、離婚原因に関して認定した事実をそのまま離婚慰謝料を基礎づける有責行為の認定に用い、これによって原告が離婚により精神的苦痛を受けたと結論づけるものがほとんどです。

したがって、実務上、離婚自体慰謝料の独自性は少なく、離婚慰謝料が認められるケースは、相手方に不貞行為や暴力行為など有責性が顕著な事案に限られる傾向にあります。

 

 

慰謝料の相場

2175e9675fc8093ab604ead8c4785a5d_s精神的苦痛は、客観的算定が難しく、事案によっても異なるので、明確な基準はありません。

一般の離婚の場合に支払われている慰謝料の額は、平均としては200万円~300万円程度が多いといえます。

ただし、事案によっては、相手方の不貞行為や暴力などが悪質な場合、高額な離婚慰謝料を認めるものもあります(1000万円の離婚慰謝料を認めた判例として岡山地倉敷支判平15.2.18、800万円の離婚慰謝料を認めた判例として神戸地判平13.11.5、1500万円の慰謝料を認めた判例として東京高判平1.11.22)。

 

慰謝料の算定要素

慰謝料の算定要素としては、次のものがあげられます。

 

支払う側に関する要素

請求書を突きつけるイメージイラスト・離婚原因となった有責行為の程度、割合、態様
・背信性
・社会的地位(学歴・職業)、支払い能力

請求する側に関する要素

泣く女性のイメージイラスト・精神的苦痛の程度
・請求者側の責任の有無、程度
・離婚後の生活状況

両者に共通する要素

家族のイメージイラスト・結婚期間と年齢
・子どもの有無、親権・監護権の帰属
・結婚生活の実情

以下、慰謝料の典型である不貞行為の場合について、くわしく解説します。

不倫(不貞行為)と慰謝料については、くわしくはこちらをご覧ください。

 

事案

裁判のイメージイラスト離婚慰謝料を認めるケースは、不貞行為や暴力行為など有責性が顕著な事案に限られます。判例上、不貞行為や暴力行為以外で離婚慰謝料が認められた事案をいくつかご紹介します。

 「夫が一切性交渉を持とうとせず、事態善処に努力しなかったことにより婚姻関係が破綻したとして、慰謝料500万円を認容(婚姻期間3か月)」

京都地判平2.6.14

 「妻が性交拒否。慰謝料150万円を認容(婚姻期間9か月)」

岡山地津山支判平3.3.29

 「夫と姑の嫁いびりにより婚姻後、1年余りで妻が実家へ帰った事案。夫と姑に対して連帯して慰謝料200万円を認容。」

名古屋地一宮支昭53.5.26

慰謝料については、まずは離婚問題に精通した弁護士にご相談ください。

 

 

「慰謝料」についてよくある相談Q&A

[慰謝料についてよくある相談Q&Aをもっと見る]


「慰謝料」が争点となった解決事例

[慰謝料(増額)した解決事例をもっとみる]

[慰謝料(減額)した解決事例をもっとみる]


離婚を考えたとき、押さえるべき8つのポイント