不倫(不貞行為)と慰謝料


solTitle

解決事例1 解決事例2
解決事例3 解決事例4


不倫とは

不倫のイメージ画像不倫とは、通常、結婚関係にある夫婦の一方が、夫もしくは妻以外の人物と交際していることをさす言葉です。不倫は道義的に許されない、という認識が一般的だと思います。

では、不倫は、全て慰謝料請求の対象となるのでしょうか。

法律上、不貞の被害者は、他方配偶者の不貞行為を根拠として、他方配偶者及び不貞行為の相手方に対し、不法行為による慰謝料を請求することができます。

この「不貞行為」の定義は必ずしも統一されてはおらず、不貞行為により害される利益をどのように解するかによって変わってきます。

実務においては、「配偶者以外の者と性的関係(肉体関係)を結ぶこと」と狭義に解する説が有力とされてきました。これは、不貞行為によって害される利益を、夫婦の貞操義務(夫もしくは妻以外と肉体関係をもたないという義務)と解する考えと近いもので、必ずしも不倫=不貞とはならないことになります。

学説には、「一夫一婦制の貞操義務に忠実でない全ての行動であり、姦通的行為よりも広い概念」など、肉体関係に限定しない説もあります。これは、不貞行為によって害される利益を、夫婦生活の円満と解する考えと近いものといえます。

 

 

肉体関係がない場合に慰謝料請求は不可能?

cb4382a10755eafa1522ec7ba4c1025f_s裁判実務においては、肉体関係があったと認められる場合に、慰謝料を支払えという判決が出されることがほとんどでした。

しかし、平成26年3月、大阪地方裁判所で、妻が、夫の交際女性に対し、不貞慰謝料請求を行った事案において、交際女性と夫との間に肉体関係があったとまでは認められないとしつつも、慰謝料44万円の支払を命じる判決が出されました。

この判決は、肉体関係なしでも慰謝料が認められたケースとして、プラトニック不倫判決とニュースでも大きく取り上げられました。

この判決からすると、広く不倫関係にある者は、相手方との肉体関係がなくても慰謝料を請求されるおそれがあることになります。

 

 

今すぐ専門家に相談しましょう!

弁護士小野佳奈子画像慰謝料は個々人の状況によって、判断が異なります。

したがって、慰謝料を請求できるかどうかわからない方、慰謝料の額に納得できない方、不当に高額な慰慰謝料を請求されていると感じている方は、離婚専門の弁護士に相談しましょう。

>> ご相談の流れはこちら

>> 慰謝料についてのQ&Aはこちら

 

 

不倫(不貞行為)と慰謝料