不倫(不貞行為)と慰謝料


   

不倫とは?

不倫のイメージ画像不倫とは、通常、結婚関係にある夫婦の一方が、夫もしくは妻以外の人物と交際していることをさす言葉です。

不倫は道義的に許されない、という認識が一般的だと思います。

では、不倫は、全て慰謝料請求の対象となるのでしょうか?



不貞行為の慰謝料にも相場がある?金額を決める際のポイント

不倫の慰謝料額は、各事案の具体的な事実によって異なってきますので、相場というものは存在しません。

ただし、不倫の慰謝料請求の裁判を起こした場合、裁判所が認める慰謝料の金額は、平均的には、数十万円~300万円の範囲内となることが多いようです。

これまで裁判例でとりあげられた算定要素を弁護士が解説いたします。

 






不倫(不貞行為)に関するよくある相談

被害者が不貞を知ったときから、消滅時効は進行することになります。そのため、被害者が不貞を知ってしばらく経ってから慰謝料請求の裁判を起こし [...続きを読む]
大阪地方裁判所で交際女性との間に肉体関係があったとまでは認められないが、慰謝料44万円の支払を命じる判決が出されました。広く不倫関係にある [...続きを読む]
調査費用については、請求できると期待しないほうがよいでしょう。調査費用は決して安くはなく、弁護士に支払う着手金よりも多くなることも [...続きを読む]
別居後の不貞行為は、夫婦関係が破綻したと認定された後の不貞行為と認定されれば、慰謝料請求はできませんが、「破綻」という概念が [...続きを読む]
請求できます。 夫(妻)の不倫(不貞行為)が原因で離婚せざるを得なくなった場合、夫(妻)に慰謝料の支払い(不法行為に基づく損害賠償)を [...続きを読む]
法的には、たとえ一回限りでも配偶者以外と肉体関係を持てば、それは不貞行為となります。 また、愛情の有無も関係ありません。例え愛情がなくとも [...続きを読む]
配偶者の不貞行為を根拠として、その相手方に他方配偶者が不法行為による慰謝料を請求することができるというのが、判例です。したがって、今回の場合[...続きを読む]
夫に愛人がいたということは、夫の不貞行為になるので、不法行為として慰謝料請求が可能です。その不貞行為が、離婚後に発覚したとしても[...続きを読む]
ご自身で集めうる証拠として、本人を問い詰めた際の会話の録音や本人と不貞相手のメール等があることを説明いたしました。それ以外にはどういう証拠を[...続きを読む]
離婚に際し、慰謝料を決めたとしても、実際に支払ってもらわないと絵に描いた餅になりかねません。そこで、慰謝料を確実に払ってもらうための方法を[...続きを読む]
 

弁護士に相談しましょう!

慰謝料は個々人の状況によって、判断が異なります。

したがって、慰謝料を請求できるかどうかわからない方、慰謝料の額に納得できない方、不当に高額な慰慰謝料を請求されていると感じている方は、離婚専門の弁護士に相談しましょう。



料金プラン

離婚を前提とせず不貞行為の相手や配偶者に慰謝料のみを請求する場合、又は婚約破棄の場合に相手に慰謝料を請求する場合。

着手金

10~20万円

報酬金

経済的利益の20%