不倫(不貞行為)の慰謝料額はいくらになる?―慰謝料額の算定要素


電卓のイメージ画像不倫の慰謝料額は、各事案の具体的な事実によって異なってきますので、相場というものは存在しません。

ただし、不倫の慰謝料請求の裁判を起こした場合、裁判所が認める慰謝料の金額は、平均的には、数十万円~300万円の範囲内となることが多いようです。

これまで裁判例でとりあげられた算定要素としては、以下のものがあります。

 

算定要素

① 当事者の年齢

② 婚姻期間、婚姻生活の状況、被害者の落ち度

夫婦喧嘩のイメージイラスト不貞が違法とされるのは、婚姻共同生活の平穏を害するためですので、婚姻期間が長く、婚姻生活が円満であれば、認められる慰謝料額は高額となります。

また、婚姻生活が円満でなかったことや、配偶者が不貞行為を行なったことについて、被害者側に落ち度があったと認められる場合には、慰謝料が減額されることになります。

③ 不貞の態様

不貞期間

不貞期間が長いほど、慰謝料が高額になる傾向があります。

不貞相手の認識

不貞相手が、自らの行為は不貞にあたると明確に認識していた場合には、慰謝料が高額になるといえます。

不貞の具体的内容

不貞行為の回数が頻回になればなるほど、慰謝料は高額になる傾向があります。

どちらが不貞を主導したか

不貞を主導したのが不貞相手ではなく、被害者の配偶者出あった場合には、不貞相手が支払うべきとされる慰謝料額は、減額されることもあります。

不貞相手の妊娠や出産

不貞相手が、被害者の配偶者の子を妊娠もしくは出産した場合には、不貞の態様が悪質であるとして、慰謝料の増額要素となります。

不貞を否認していたかどうか

不貞相手が被害者に対し、不貞を否認したり、不貞を解消する約束をしたりしていたにもかかわらず、不貞を継続していた場合には、慰謝料の増額要素となります。

④ 不貞により生じた被害

病院のイメージイラスト不貞が原因で離婚に至った場合には、慰謝料は高額になる傾向があります。

また、被害者の受けた精神的苦痛が甚大であった場合、例えば、不貞が原因でうつ病を発症し、通院加療を余儀なくされた場合などには、慰謝料が増額されることもあります。さらに、被害者に幼い子がいるという事実も、慰謝料の増額要素となります。

スピード離婚で妻からの慰謝料300万円を諦めさせた事例についてはこちら。

不貞をした夫から多額の慰謝料を獲得した事例についてはこちら。

 

 

不倫(不貞行為)と慰謝料