不倫の慰謝料請求をされた場合の反論①―破綻の抗弁―


不倫が違法となるのは、被害者である一方配偶者の、結婚生活の平和という権利利益を害するからです。

そのため、夫婦の婚姻関係が破綻していた場合には、特段の事情がない限り、守られるべき権利利益がないということになります。

そこで、不倫の慰謝料請求をされた場合には、「不倫よりも前に、夫婦関係が破綻していたこと」を反論することになります。これが、破綻の抗弁です。

cb4382a10755eafa1522ec7ba4c1025f_s最高裁判所も、「Aの配偶者Bと、第三者Cが肉体関係を持った場合において、AとBとの婚姻関係が既に破綻していたときは、特段の事情のない限り、Cは、Aに対して不法行為責任を負わないものと解するのが相当である」と判示しています(最高裁判決平成8年3月26日)。

ただし、破綻の抗弁が採用されるのは、かなり限定された場合となっているようです。以下では、破綻の抗弁が採用された裁判例をご紹介します。

同居中、破綻の抗弁が認められた裁判例①

(岡山地裁平成17年5月17日判決)

妻(64歳)が、平成12年12月8日、夫と不貞相手がラブホテルへ入室したことが不貞行為にあたるとして、不貞慰謝料500万円を請求した事例。

夫婦喧嘩のイメージイラスト被害者である妻と夫は平成10年4月頃から家庭内別居状態だった。
平成11年5月25日には被害者から夫に離婚を迫り、夫も被害者に愛情を抱いていなかったが、未婚の娘2人がいたため、夫は世間体を気にして離婚に応じなかった。
妻は、平成11年7月には、夫に自らの勤務表を見せることもやめ、別生活を送るようになった。
妻は、平成12年3月14日付の公的書面に、「主人とは、全くといっていいほど口を聞きません」と記載した。

裁判のイメージイラスト⇒裁判所は、これらの事実を踏まえ、平成12年12月8日より前に、被害者と夫の夫婦関係は完全に破綻していたとして、不貞の抗弁を認め、慰謝料請求を棄却した。

解説

弁護士竹下龍之介画像この事案は、夫婦が同居していた際に不貞行為があったと妻側が主張した事案において、破綻の抗弁が認められた、珍しいケースです。

不貞以前の夫婦関係について、不貞の被害者側からも離婚の話が出るなど離婚話が進んでいたことや、互いの生活に関心をもたず別生活を送るなど、実質的に家庭内別居状態にあったことが証明されたことから、破綻の抗弁が認められたといえます。

公的書類に、被害者の妻自身が、夫婦関係が破綻していることを伺わせる記載をしていたことも、客観的に破綻を示す事情として重視されたのではないでしょうか。

 

破綻の抗弁が認められた裁判例②

(岡山地裁平成17年4月26日)

夫(51歳)が妻に対し、不貞慰謝料600万円を請求した。

逮捕のイメージイラストこれに対し、妻は、夫の不貞により婚姻関係が破綻していたことを主張した。
夫は、妻と別居し、不貞相手と同棲していた。そして、不貞相手方にいたところ、警察官に逮捕された。逮捕当時、不貞相手と夫の間には肉体関係があった。
妻は、夫が逮捕された後の平成11年4月29日、夫に知らせずに、子どもと共に転居した。
妻は、転居後、別の男性と交際した。

裁判のイメージイラスト⇒裁判所は、これらの事実を踏まえ、夫婦関係は、夫の悪意の遺棄と不貞により、妻が夫から身を隠した平成11年4月29日時点で完全に破綻したとして、妻側の不貞の抗弁を認め、夫の慰謝料請求を棄却した。

解説

弁護士森内公彦画像この事案は、当事者双方が相手方の不貞を主張するというやや珍しいケースでしたが、妻子を置いて不貞相手の元に走ったという夫の行為により、夫婦関係が破綻したと認定されました。

判断にあたっては、別居の有無と、それに至った経緯が重視されたといえます。

破綻の抗弁を主張する際に重視される事情についてはこちらからどうぞ。
 

不倫(不貞行為)と慰謝料