破綻の抗弁を主張する際に重視される事情


別居の有無

別居のイメージ画像不倫が違法となるのは、不貞行為があったとされる時期に、夫婦が同居を継続していたか、既に別居していたのかという事実は、必須の要件とまではいえませんが、重要な意味をもつとされています。

別居の期間は、離婚裁判の中で夫婦関係が破綻していると認められるために必要な期間ほど長期間でなくともいいとされているようですが、それでも半年や1年の別居では破綻を認めていない裁判例が多いように思います。 なお、いったん別居したとしても、後日再び同居した場合には、破綻が否定される傾向にあります。

 

 

離婚話が進んでいたこと、離婚調停申立ての有無

話し合う夫婦のイメージ画像破綻と認められるためには、離婚の話が具体的に進んでいる必要があります。夫婦間で離婚の話が出たり、離婚届を作成していたりするだけでは不十分です。

離婚調停が申し立てられていたという事実も、直ちに破綻と認められるものではないようですが、他の要素と合わさって、破綻を認める方向に働く可能性はあります。

 

 

夫婦仲が冷えきっていること

寂しいイメージ画像不貞をしたとされる配偶者が、夫もしくは妻に強い嫌悪感を持っていたり、将来離婚したいと固く決意していたりしたとしても、直ちに破綻とは認められません。ただし、さらに進んで、家庭内別居状態にまで至っていたという事実が証明できれば、破綻していたと認められたこともあります。

以下のチェックリストに多数チェックがつくのであれば、夫婦仲が冷え切っていることを理由に破綻を主張することは難しいでしょう。

 

チェックリスト

チェックのイメージイラスト 家族旅行や行事等を行っていた

 性交渉があった

 同じ寝室で就寝していた

 一方が家計管理を担っていた

 互いの生活に関心を有していた

破綻の抗弁が認められるか否かについては、専門的な判断が必要ですので、離婚問題を専門とする弁護士へご相談されることをおすすめします。

 

 

不倫(不貞行為)と慰謝料