離婚後の公的手続


手続のイメージイラスト

離婚届の提出

離婚届と印鑑の画像協議離婚の場合、離婚届を役場へ提出することで離婚が法的に成立します。

提出先は、どの市町村役場でもかまいませんが、本籍地以外の役場に提出する場合、戸籍謄本が必要になります。

戸籍謄本は、本籍地の役場に連絡して郵送で取り寄せることも可能です。

なお、調停離婚、裁判離婚の場合には、調停成立時判決言渡時に法的に離婚が成立します。

しかし、戸籍を変更するために、調停調書謄本もしくは判決書謄本を市町村役場に提出する必要があります。これを報告的届出といいます。

 

 

戸籍と氏(姓)の選択

悩む女性のイメージイラスト戸籍と氏(姓)についてはどうなるの?

と不安になられる方が多くいらっしゃいます。

例えば、乙川花子さんが甲野太郎さんと結婚すると、多くの場合は甲野花子となり、甲野太郎さんを筆頭者とする戸籍に入ります。

この場合、選択肢としては以下の3つがありますので、状況に応じて選択されてください。

選択例

 ① 婚姻前の戸籍と氏(乙川)に戻る。

 ② 婚姻前の氏(乙川)に戻り、自分を戸籍筆頭者とした戸籍を新しく作成する。

 ③ 婚姻中の氏(甲野)を継続使用し、自分を戸籍筆頭者とした新しい戸籍を作る。

①を選択する方は極めて少ないです。この場合、通常はお父さんを筆頭者とする戸籍に戻るので、あまりイメージとしてよくない感じを受ける方が多いようです。

説明する男性のイメージイラストそこで、実際には②か③を選択される方が多いです。

②と③の違いは氏をどうするかです。

例えば、花子さんが甲野の氏を長年職場で使用し、今更乙川に戻りたくない場合、③を選択することとなります。

なお、当事務所では、氏の問題についてもよく相談を受けます。

相談される方の多くは子どものことを心配されています。すなわち、氏が変わる場合、子どもが学校で誹謗中傷されないかなどです。

説明する男性のイメージイラストしかし、現在、離婚はめずらしくありません。

また、子どもが気にしたとしてもほとんどは一時的なものです。

大切なのは自分自身がどちらの氏が使いやすいやすいかであって、氏の問題で子どものことはあまり気にされる必要はないと思います。

 

 

 手続

①氏の継続使用手続

離婚すると、基本的には婚姻前の氏(乙川)に戻ります。

手続のイメージイラストしたがって、花子さんが婚姻中の姓(甲野)を継続使用したい場合は、離婚後3か月以内に、本籍地の市町村役場に「氏の継続使用届」を提出する必要があります。

提出ができなかった場合には、居住地の家庭裁判所に、氏の変更許可審判の申立てを行い、許可を得る必要があります。許可が認められない可能性もあるので忘れないように注意してください。

②戸籍の変更

戸籍謄本のイメージイラスト離婚届出時に新戸籍地としたい住所が決まっている場合には、離婚届に新戸籍地を記載すれば、新しい戸籍を作成できます。

③住民票の移動

住民票のイメージイラスト居住地の市町村役場に提出します。

④健康保険・年金の加入、変更

あなたが会社員又は公務員の場合

会社員のイメージイラスト給与から保険料が天引きされているときは、そのまま継続されます。
ただし、これまでお子さんが相手方の扶養家族とされており、離婚に伴ってあなたがお子さんの親権者となった場合は、お子さんをあなたの扶養家族とするのが一般的です。

あなたが専業主婦(夫)、パートタイムの場合

パートのイメージイラストこれまで元夫(妻)の扶養家族となっていたのであれば、新たに健康保険や年金に加入する必要があります。
就職する場合は健康保険・厚生年金等に、就職しない場合は、国民健康保険・国民年金に加入することになります。

あなたが自営業の場合

医者のイメージイラストそのまま継続されます。

⑤名義変更

次の名義、住所変更等も忘れがちですのでご注意ください。

免許証のイメージイラスト・銀行、郵便局、クレジットカード、その他カード類、
・運転免許証、パスポート、その他保有免許類、
・保険(種類によっては、名義変更ができない場合もあります。また、受取人変更が必要となる場合もあります)
・携帯電話

当事務所は、すべての弁護士がファイナンシャル・プランナーの資格を保有し、離婚後の手続を含めたサポートを行っています。

>> ご相談の流れについては、こちらをご覧ください。