離婚後の手続きの流れ


手続のイメージイラスト

離婚成立

離婚届・戸籍届出用の省略謄本の提出

離婚調停成立の日から10日以内に離婚届・戸籍届出用の省略謄本(申請すれば裁判所から交付してもらえるもの)を役場に提出します。

→※調停調書の正本・謄本を受け取ってから10日以内ではないことに注意してください。

▼以下解説画像、クリックで拡大します。

離婚届記入例画像

>> 離婚協議書ダウンロードはこちらからどうぞ。

役所に持参するもの

離婚届

役場に置いてあります。

謄本(裁判所手続を経ている場合)

また手続きの種類によっては確定証明書も必要となります。

以下に表をまとめておりますので、ご確認ください。

【参考:協議離婚以外の手続きを経た場合の、必要な添付資料】
調停離婚    ・・・調停調書謄本
訴訟での和解離婚・・・和解調書謄本
審判離婚    ・・・審判書の謄本・確定証明書
判決(裁判)離婚・・・判決書の謄本・確定証明書
※いずれも裁判所に交付申請すると取得できます。当事務所の場合、依頼者の方には当事務所が取得し、お渡ししています。

戸籍謄本

本籍がある市区町村役場に提出する場合は不要ですが、それ以外の場合は、別途必要となります。

【例】
夫婦の本籍が福岡市、離婚届提出先も福岡市の場合
→夫婦の戸籍謄本は不要です夫婦の本籍がA市町村、離婚届提出先が福岡市の場合
→A市町村の夫婦の戸籍謄本が必要になります夫婦の本籍が福岡市、離婚届提出がA市町村の場合
→福岡市の夫婦の戸籍謄本が必要になります

届出人印鑑

認印で結構です。シャチハタ・ゴム印は使用できません。

届出人身分証明書

【例】運転免許証・健康保険の被保険者証・パスポート・写真付住民基本カードなど

 

離婚後も、婚姻中に使用していた氏を継続して使用する場合

「離婚の際に称していた氏を称する届出」の提出を離婚届提出と同時に行います
※離婚届と同時に提出しなくても、離婚成立日から3ヶ月以内であれば、別途届出を提出可能です。

▼以下解説画像、クリックで拡大します。

続称届の記入例離婚前画像続称届の記入例離婚後画像

【お子様がいる場合】子の氏の変更許可審判申し立て

家庭裁判所にて、子の氏の変更許可審判申し立てを行います。

新しく作成した自分の戸籍に子どもを移す場合

子どもの住所地を管轄する裁判所で、子の氏の変更許可審判を申し立てます。

※当事務所では子の氏の変更許可審判申し立て等、離婚後のお手続きについても、離婚問題に専門特化していることから、依頼者の方の子の氏の変更許可審判申し立てを無料で行っています。(実費のみいただいております。)ご安心ください。

▼以下解説画像、クリックで拡大します。

入籍届記入例15歳以上の画像入籍届記入例15歳未満の画像

【新しい戸籍にお子様を移す手続き】後、家庭裁判所から審判書の謄本が届きます。

審判書謄本と入籍届の提出

③で交付された審判書謄本と入籍届を役場へ提出します。

役所に持参するもの

1、子の氏の変更許可審判書謄本(裁判所から交付されるもの)
2、入籍届(役場にも置いてあります)
3、戸籍謄本(本籍がある市区町村役所に提出の場合は不要。本籍の管轄の役所でない場合は別途必要)
4、届出人印鑑(認め印で結構です。シャチハタ・ゴム印は使用できません。)
5、届出人の身分証明書(例:運転免許証・健康保険の被保険者証・パスポート・写真付住民基本カードなど)

※注意※
夫婦間に子どもがいる場合に関しては、離婚届を提出するにあたり、親権者がどちらになるのかを決めておかなければ受理されません。

>> 親権についての詳細はこちらをご覧ください。