15歳以上のお子さんに知的障害がある場合の氏の変更手続


子供のイメージ画像氏の変更手続は、子が15歳未満であれば、親権者が手続をすることができます。

もっとも、子が15歳以上の場合、子の意思が重視され、子が自ら手続を行うものと法律上定められています。

したがって、15歳以上のお子さんの場合、親権者が氏の変更の手続を行うことは原則としてできません。

しかし、お子さんに重度の知的障害がある場合など、15歳以上のお子さん本人の意思が確認できなかったり、自ら手続をすることが困難な場合があります。この場合、氏の変更手続を行うには注意が必要です。

まず、氏の変更手続は、裁判所に氏の変更許可の審判を求めます。

裁判所は、子に知的障害があるなど自ら手続を行うことが困難と判断した場合には、子が15歳以上でも、親権者が手続を行うことを比較的緩やかに認める傾向にあります。

説明する男性のイメージイラスト裁判所が許可の審判を出した後、戸籍上の氏の変更手続を完了するためには、各地の役所の戸籍係に、許可の審判と入籍届をあわせて提出する必要があります。

しかし、裁判所の許可の審判があっても、戸籍係が、15歳以上の子自らが手続を行っていないとして、氏の変更の手続(=親権者の戸籍に新たに入る手続)を認めないことが実務上あるようです。

説明する男性のイメージイラスト戸籍係が受け付けてくれないと、裁判所が許可を出したにもかかわらず、戸籍上の氏の変更が認められず、お子さんと親権者となった母(父)が別の名字のまま生活を続けなければなりません。

したがって、15歳以上でその意思を確認することが困難なお子さんの氏の変更の手続は、慎重に行うことが必要です。

お子さんの氏の変更手続でお悩みの方は、ぜひ一度、当事務所にご相談ください。