離婚によるうつ病と障害年金


離婚問題に直面した場合、誰もが大きなストレスを抱えます。

特に、パートナーの不貞、子の奪い合い、DV・モラハラ等の悩みがある場合は、強度のストレスによって、うつ病にかかる方はとても多いです。

うつ病にかかると、仕事ができず、長く自宅療養を強いられるケースも見られます。

22f077bcc3e1f81304d36441484866c1_sこのような場合、収入が途絶え、生活していくことも、ままならなくなってしまいます。

実は、あまり知られていませんが、うつ病の場合でも、一定の要件を満たすと、障害年金を受給できるのです。

当事務所には、元社会保険労務士の資格も有する弁護士が在籍しております。

離婚問題という、過酷な状況に置かれている方に対して、少しでも金銭的な不安を解消できるように、障害年金の仕組みについて、丁寧に説明しています。

 

 

障害年金とは

病院のイメージ画像障害年金とは、病気やケガなどが原因で、一定程度の障害が継続する場合、生活を保障するための年金をいいます。

離婚問題でうつ病等にかかった場合も対象となります。

 

 

うつ病と障害年金についてさらに詳しく!