障害年金の受給要件


障害年金を受給するためには、以下の要件が必要です。

 

要件

チェックのイメージイラスト1.初診日を特定する

2.年金保険料を一定程度以上、納付していること

3.等級の認定基準を満たすこと

それぞれについて、詳しくご説明させていただきます。

 

初診日を特定する

病院のイメージイラスト障害年金の要件において、まず、最初に特定しなければならないのは初診日です。初診日とは、あくまで初めて医師の診察を受けた日であり、うつ病を発症した日ではありません。

なお、うつ病の場合、当初は精神疾患と考えずに、内科などを受診することも多くあります。この場合は、一番初めに内科を受診した日が初診日となります。

医師のイメージ画像初診日が特定したら、その日を基準として、加入している年金の種類(国民年金、厚生年金、共済年金)が決まります。

たとえば、初診日の時点では、厚生年金に加入していた場合で、その後会社を辞めて国民年金に変わっていたとしても、障害年金においては、厚生年金が請求できます。

また、障害を認定する日は、初診日から1年6か月後となっておりますので、初診日を特定することで障害認定日も確定します。

 

年金保険料を一定程度以上、納付していること

①直近1年間に滞納がないか

まず、初診日の前々月において、直前1年間に年金保険料の滞納があるかどうかを確認します。

税問題のイメージイラスト例えば、初診日が平成24年4月1日の場合、前々月の2月から1年分遡り、平成23年2月末日までの期間に保険料の滞納(※)がなければ納付要件は満たすことになります。

※あくまで滞納がなければいいので、国民年金の保険料を払えない方で免除の申請を出していた場合は要件を満たします。

②過去の年金で3分の2以上納めていたか

上記①で直近1年間に未納・滞納がなければ納付要件はクリアしますが、未納・滞納があった場合は、過去の年金納付記録すべてを確認して、3分の2以上納めているかを確認します。

③障害状態の確認

障害者のイメージイラスト障害認定日の時点(初診日から1年6か月後)で、障害の程度に応じて1~3級に認定されると、障害年金が支給されます。

各等級の認定基準は下表のとおりです。

 

等級の認定基準を満たすこと

厚生労働省による等級の認定基準は以下のとおりです(平成23年6月30日年発0630第1号)。

等級 障害の状態
1級 高度の気分、意欲・行動の障害及び高度の思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり、ひんぱんに繰り返したりするため、常時の介護が必要なもの
2級 気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり又はひんぱんに繰り返したりするため、日常生活が著しい制限(※)を受けるもの
3級 気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病相期があり、その病状は著しくないが、これが持続したり又は繰り返し、労働が制限を受けるもの

※日常生活が著しい制限を受ける程度とは、必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活は極めて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものである。

 

 

うつ病と障害年金についてさらに詳しく!