アスペルガーとADHD(注意欠陥・多動性障害)


夫・妻がアスペルガー?ADHD?

悩む男性のイメージ画像このサイトをご覧の方のなかには、配偶者がアスペルガーあるいはADHDであることから、夫婦生活に大変苦労されている方がいらっしゃると思います。

また、配偶者がアスペルガーあるいはADHDであると判明していない方の場合でも、相手とのコミュニケーションに違和感を持ち、相手が何らかの障害を抱えているのではないかと疑われておられる方も多いのではないでしょうか。

このアスペルガーやADHDという言葉は、最近になって取り上げられるようになってきました。

すなわち、日本では、2006年頃から、アスペルガー症候群が注目を浴びるようになりました。
現在、100人から150人に1人が、アスペルガー症候群を持つといわれています。

また、女性より男性に多い傾向があります。

ADHDについては、子どもでは100人のうち5人、大人でも100人のうち2~4人がもつといわれています。

アスペルガー症候群と同様、女性よりも男性のほうが多い傾向にあるようです。

このような統計からすると、アスペルガー症候群やADHDは決してめずらしい病気ではありません。

むしろ、身近にアスペルガー症候群やADHDである方がいる可能性は十分に考えられます。

ところが、アスペルガーやADHDという言葉は、まだまだ世間一般には知られておりませんし、その特徴や対処法についてはほとんど知られておりません。

弁護士勝木萌イラスト当事務所は、離婚問題に特化しており、パートナーがアスペルガーやADHDである方からのご相談を多く受けております。

そこで、ここでは、アスペルガーとADHDの特徴、及びアスペルガー症候群やADHDを持つ相手と離婚したい場合にどうすればよいか、についてご紹介したいと思います。

 

 

アスペルガーとADHD(注意欠陥・多動性障害)についてさらに詳しく!