DVの種類と被害者の特徴


DV(ドメスティック・バイオレンス)は家庭内で行われるので、被害者が自分から周りに訴えなければ発見が難しいです。

被害者の中にはDVを受けていると感じていない人もおり、知らずにDV被害者になっている可能性もあります。

DVにも多くの種類があり、被害者も女性だけとは限りません。

男性も同じようにDVを受けているケースがあります。

DVのイメージ画像もしかしてDVかもしれないと感じたら当事務所にご相談下さい。

 

DVの種類

DVと一口に言ってもいろんな種類のものがあります。ここではDVの種類とそのポイントについてご説明します。

 

身体的暴力

殴る蹴るなど、肉体に直接的に振るわれる暴力のことを身体的暴力と言います。

DVの証拠が形となって残るため、発見される可能性が高いです。 洋服で隠れる部分を殴ったり、跡が残らない程度の暴力にとどめたりと、考えて暴行を加えるケースもあります。

物を投げる、階段から突き落とすなどを行い、事故と言い張る人も中にはいます。

047205離婚の際にDVの証拠が必要になることがあります。

したがって、身体暴力の場合、必ず負傷部位を写真に撮っておくようにしましょう。 また、けがを負ったら、病院へ行き治療をしてもらいましょう。

打撲程度の軽度の怪我であっても、診断書をとっておくようにしましょう。

 

精神的暴力

言葉の暴力というように、肉体ではなく精神的な嫌がらせや暴言、無視、行動の束縛が挙げられます。

束縛が強すぎると自由に出かけることもできなくなり、ひどい時には軟禁状態になることもあります。

精神的暴力は、証拠が残りにくいので、その有無を巡って、後々争いになると、言った言わないの世界になります。

悩む男性のイメージイラストその場合、裁判所は被害者の主張をなかなか認めてくれません。

したがって、精神的暴力に関しては、ボイスレコーダーで暴言を録音するなどの方法を検討する必要もあります。もっとも、相手方の会話の無断録音については、その証拠能力について、後々問題となることもあります。

したがって、離婚専門の弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

性的暴力

性行為を強要する、暴力的な性行為などです。

子どもができないことを一方的に責めたり、中絶を強要したりすることもあります。

避妊を責めるのは男性から女性に向けられるものだけではなく、女性から男性に向かうこともあります。

115794性的なDVは他人が最も踏み込みにくい種類のDVです。

そのため対処が遅れるケースが多いです。

また、デリケートな問題であり、なかなか他人には相談しにくいかと思われます。当事務所には、男性・女性の弁護士が複数在籍しております。

もし、異性に相談しにくいと感じる場合は、相談の予約の際、「同性の弁護士への相談希望」と申しつけてください。

 

経済的暴力

配偶者が家計を管理しており、自分にはお金を渡さないという暴力です。勝手に自分の貯金を使う、自分名義で借金を作るなども含まれます。

お金を握ることで家庭内に上下関係を生み出し、相手よりも優位な立場になろうとします。

悪いお金のイメージイラストこの経済的暴力は、モラハラ(モラル・ハラスメント)の一種でもあり、比較的に社会的地位のある男性に多く見られます。

単に経済的な締めつけだけではなく、日常的に人格を否定されるような言葉(「無能」「馬鹿」など)を発する傾向にあり、被害者の方の苦しみは計り知れません。

 

 

DV被害者の特徴

22f077bcc3e1f81304d36441484866c1_s自分がDVの被害者だと気がついていない方もいます。

DV被害者は「相手が起こるのは自分が悪いんだ」という自己否定する人が多いです。「自分が気をつけていれば」と相手の機嫌を伺い、ビクビクして生活していませんか。

暴言の中に「お前が悪い」ということを言い続けられているとマインドコントロールされてしまいネガティブな思考に陥ってしまいます。

また、暴力を振るわれた後に優しくされるとつい許してしまい離婚に踏み出せない、という方も多くいらっしゃいます。

DV夫に豹変する恐れのある男性の特徴についてはこちら。