熟年離婚における専門家の選び方


あなたが熟年離婚を考えているなら、一人で考えずに専門家に相談することをお勧めします。

相談先としては「弁護士」のほかに「離婚カウンセラー」や「行政書士」などの存在があり、それぞれに強みを持っています。

専門家を選ぶ上での基準としては以下のようなものが挙げられるでしょう。

 

熟年離婚に関する経験が豊富であるか

取り扱いメニューとして離婚を取り扱っている専門家は多くいますが、離婚、特に熟年離婚に関する経験が豊富な専門家は少ないものです。

事前の調査や、質問によって頼れる専門家なのかを確かめましょう。

 

 

ある程度年齢を重ねており、人生経験が豊富であるか

社労士日置明男画像熟年離婚についてアドバイスを求める際に、若い専門家が相手では経験の伴わない机上の空論になってしまうことも仕方がありません。

ある程度年齢を重ねた相談相手を選ぶことで、より現実的で納得感のあるアドバイスを受けやすくなるでしょう。

 

 

裁判等を起こすこととなった場合に代理行為ができるか

弁護士バッジ画像離婚相談の受け手として近年増加している「離婚カウンセラー」や、離婚案件を取り扱う「行政書士」などの専門家がいますが、離婚問題が裁判所に持ち込まれた時、代理人となれるのは「弁護士」だけです。

自分が離婚を決意したときにどのような道筋をたどるのかを考えた上で相談先を選びましょう。

 

 

相続に関する知識が豊富であるか

熟年離婚が成立することになり、次に自分が亡くなった後のことを意識される方が多いかもしれません。

自分の希望や、残された人のことを考えると、熟年離婚と相続はセットで考えるべきだと考えます。

離婚に関する相談と同時に、相続のことも一緒に考えてくれる専門家を選ぶのが得策といえるでしょう。

 

デイライト法律事務所弁護士

 

 

熟年離婚についてさらに詳しく!