医師・医者特有の離婚問題

夫婦の一方が医師の場合、通常の世帯とは異なる特有の問題があります。 このシリーズでは、一方が医師の場合に注意しなければならない下記のポイント等について弁護士が解説いたします。


1.財産の調査と評価のポイント

point.jpg
第1回は、財産の調査及び評価の方法についてです。 通常、財産分与では、以下の①から⑦のような財産...[続きを見る]

弁護士 宮崎晃 
再生時間:3:51 

  
  

2.財産分与の割合は?

point.jpg
第2回は、財産の分与の割合についてです。 「財産分与」とは離婚する際に財産を分けることをいいます。...[続きを見る]

弁護士 宮崎晃 
再生時間:3:24 

  
  

3.婚姻費用や養育費の算定方法は?

point.jpg
第3回は、婚姻費用や養育費の算定方法についてです。 配偶者の一方が医師の場合、年収が2000万円を...[続きを見る]

弁護士 宮崎晃 
再生時間:3:30 

  
  

4.相手に病院を手伝わせていた場合は解雇できるか?

point.jpg
第4回は、相手に病院を手伝わせていた場合に解雇できるか、とうい問題についてです。 医師が、配偶者を...[続きを見る]

弁護士 宮崎晃 
再生時間:3:07