離婚を前提に別居を開始したのですが、配偶者以外の方とお付き合いや関係を持ってもいいのでしょうか?

離婚についてよくある相談Q&A

 

別居中のお付き合いのQAの説明イラストまだ離婚をしていないうちに他の方とお付き合い等をするのはやめたほうがよいです。

別居しても、婚姻関係が破綻していない場合には他の方とのお付き合いや関係が不貞とみなされてしまう可能性があります。
仮に不貞となった場合には、離婚を請求しても認められなくなったり、慰謝料を支払ったりすることを覚悟しなければならないことになります。

 

別居直後ないし数か月程度

説明する男性のイメージイラスト別居をした直後に他の方とお付き合いすることは、絶対にやめましょう。

別居直後の場合には、いくら離婚を前提とした別居をした後とはいえ、まだ夫婦としての関係が完全に破たんしていると判断される可能性は低く、不貞とみなされる可能性がかなり高いと言えます。

裁判のイメージイラストもし不貞となると、不貞をした側からの離婚請求は裁判上認められず、不貞について不法行為責任(慰謝料の支払い義務)を負うことになるので、リスクしかありません。

特に、弁護士を入れての離婚を進める場合などは、離婚の意思が固まっており、他の方とのお付き合いを考えて何が悪いのかと思う方がいらっしゃると思います。
しかし、離婚が成立していない以上、婚姻関係継続の可能性は残るため、不貞と判断されかねない行為は避けたほうが無難です。

 

別居後数年以上が経過している場合

悩む夫婦のイメージイラスト弁護士が関わる前から別居が長期間に及んでいたり、調停などをしていて別居が長期間に及んでしまったりする場合があります。
この場合に、すでに別居が長期間に及んでいるので、次の配偶者を探すために他の方とお付き合いを考え出すという方が少なくないようです。

確かに、数年経過している場合には、裁判所も破綻しているとみる場合が少なくないようには思いますが、必ずしも破綻していると判断してもらえるわけではありません。

不倫のイメージイラストまた、仮に裁判上は破綻と判断される場合にも、他の方と付き合い出したことに対して相手方が反発し、協議や調停で相手方と争いになってしまうこともあり、話し合いが停滞する原因になることもあるでしょう。

以上の理由から、別居開始から数年経っていたとしても、離婚するまでは法律上の配偶者以外の方とのお付き合いは控えたほうが無難です。

和解のイメージイラスト離婚意思が固い人にとっては、次の配偶者を求めて、他の方とのお付き合いを考えることは自然なことだと思います。
しかし、交渉や裁判のことを考えると、離婚まではおとなしくしておくのが得策です。

当事務所では、沢山の離婚事件を扱っており、上記のようなリスクも踏まえつつ、適切なアドバイスをすることができます。
何か不安なことがありましたら、一度お気軽にご相談ください。
弁護士へのご相談はこちら「ご相談の流れ」からどうぞ。
不貞行為についての詳しい説明は、こちら「不倫(不貞行為)と慰謝料」からどうぞ。

 


離婚についてよくある相談Q&A

「離婚」についてよくある相談Q&A