肉体関係がないと慰謝料請求が出来ないと聞きましたが、本当ですか?

不倫(不貞行為)についてよくある相談Q&A

焦る男女のイラスト不貞問題に詳しい弁護士が解説いたします。

実際の裁判においては、肉体関係があったと認められる場合に、慰謝料を支払えという判決が出されることがほとんどでした。

しかし、平成26年3月、大阪地方裁判所で、妻が、夫の交際女性に対し、不貞慰謝料請求を行った事案において、交際女性と夫との間に肉体関係があったとまでは認められないとしつつも、慰謝料44万円の支払を命じる判決が出されました。

報道のイメージ画像この判決は、肉体関係なしでも慰謝料が認められたケースとして、プラトニック不倫判決とニュースでも大きく取り上げられました。

この判決からすると、広く不倫関係にある者は、相手方との肉体関係がなくても慰謝料を請求されるおそれがあることになります。

不貞行為による慰謝料請求をお考えの方は、ぜひ一度専門の弁護士にご相談ください。

不貞行為について、詳しくはこちら「不倫(不貞行為)と慰謝料」をご覧ください。


不倫(不貞行為)についてよくある相談Q&A

「不倫(不貞行為)」についてよくある相談Q&A