不貞慰謝料にも時効がある?

不倫(不貞行為)についてよくある相談Q&A

スマホを見て悩む女性のイラスト夫の不貞相手に慰謝料を請求したいと考えています。

不倫や不貞行為の慰謝料はいつまで請求できますか?

時効などもあるのでしょうか?

 

弁護士の回答

時効のイメージイラスト不貞の慰謝料請求に強い弁護士が解説いたします。

慰謝料請求をする場合には、消滅時効に注意する必要があります。

不倫の被害者の慰謝料請求権は、不法行為による損害賠償請求権ですので、被害者が不倫の事実を知ったときから3年以内に行使する必要があるのです(民法724条)。

不倫が発覚しても、被害者夫婦が離婚しなかった場合

被害者が不貞を知ったときから、消滅時効は進行することになります。

最高裁判所も、一方配偶者と不貞相手が同棲していた場合、被害者である他方配偶者が、同棲関係にあることを知ったときから消滅時効が進行すると判示しています。

不倫のイメージイラストそのため、被害者が、不貞を知ってしばらく経ってから慰謝料請求の裁判を起こしたとしても、訴えを起こした時から3年以上前に不貞が終了していた場合には、慰謝料請求ができなくなります。

また、訴えを起こした時に不貞が継続していた場合は、慰謝料請求はできますが、訴えを起こした時から3年以上前の事実については不貞慰謝料額を算定する際の考慮要素とはされません。

 

 

不倫が原因で離婚した場合

最高裁判所は、元配偶者の有責行為により離婚をやむなくされ精神的苦痛を被ったことによる損害は、離婚が成立して初めて評価されるものなので、離婚が成立したときに初めて、元配偶者の行為が不法行為であることを知り、かつ損害の発生を確実に知ったこととなると判示しました(最判昭和46年7月23日)。

この裁判例によると、離婚が成立したときから消滅時効が進行することになりますので、離婚成立後3年以内であれば、慰謝料が請求できることになります。

不倫の慰謝料請求が時効成立によりできない場合でも、離婚による精神的苦痛は、離婚によって生じた損害ですので、離婚時から3年以内であれば、離婚に伴う精神的苦痛を理由に慰謝料を請求することはできます。

離婚届と印鑑の画像ただし、不倫の発覚により婚姻関係が破綻していた場合、その後の離婚そのものによる精神的苦痛は少ないとして、慰謝料額が少額になってしまうおそれはあります。

 

なお、不貞慰謝料については、専門的な判断が必要ですので、離婚問題を専門とする弁護士へご相談されることをおすすめします。

不貞行為について、詳しくはこちら「不倫(不貞行為)と慰謝料」をご覧ください。

>> ご相談の流れはこちら

>> 慰謝料についてのQ&Aはこちら

 

 


不倫(不貞行為)についてよくある相談Q&A

「不倫(不貞行為)」についてよくある相談Q&A