面会交流では必ず会わせなければならないのですか?

面会交流についてよくある相談Q&A

私と夫は、数年前に別居しました。別居の際には、私が子ども(現在11歳)を連れて出て行きました。

現在、夫と離婚協議中ですが、夫が子どもと会わせてほしいと強く言ってきています。

しかし、夫との同居期間中、夫は度々子どもに暴言を浴びせていました。時には手を出したこともありました。そのため、子どもは夫のことをとても怖がっていて、しばらくは会いたくないと言っています。

私も子どもの心のケアが必要だと思いますので、当面は子どもの意思を尊重して、直接会わせることはしたくありません。

このような場合にも、すぐに子どもと夫を会わせなければならないのでしょうか。

 

 

この問題について、当事務所の弁護士が回答いたします。

上記事例については、当面は間接的な形の面会交流のみに留めることも視野に入れながら進めていくのがよいと考えます。

弁護士森内公彦イラスト面会交流とは、非監護親(子どもを監護養育していない親)が、子どもと直接会ったり(面会)、面会以外の方法で意思疎通を図ること(交流)をいうと解されています。

カレンダー面会交流について、しばしばなされる取り決めには、

  • 月〇回 〇時間程度
  • 具体的な実施方法等については、当事者同士で協議する。

というものがあります。

これは、非監護親と子どもが直接会う場合を想定しているため、「面会」にあたるといえます。

もっとも、上記事例のように、何らかの事情で直接会うことができない(もしくは著しく困難)場合に、無理をして「面会」を実施することは、子どもにとって大きな精神的負担となるため、子の利益(福祉)に反することです。

このような場合には、当面、間接的な面会交流(「交流」)を実施していくことを取り決めの中に盛り込む方向で進めるのが適切といえます。

LINEする女性間接的な方法には、例えば、

  1. 手紙のやり取り(もしくは、一方から他方への送付のみ)
  2. メールのやり取り(もしくは、一方から他方への送信のみ)
  3. 写真の送付(学校行事・部活動等の様子を写したもの、集合写真等)
  4. プレゼント(誕生日、クリスマス等)の送付
  5. その他の方法(通知表の送付、ブログの活用等)

があります。
こうした方法は、直接会うことがないため、子どもの精神的負担が軽減されるものといえるでしょう。

なお、間接的な面会交流を実施する方向で進めていくにあたり大事なことは、

  • 子どもの意向をしっかりと確認すること(本当に会いたがっていないのか)
  • 間接的な方法によるとして、どのような方法であれば、子どもの精神的負担が少なくなるのか
  • 将来、直接の面会交流(「面会」)について協議する時期を決めるか

といったことです。

子供と遊ぶお父さん面会交流は、当事者の感情的対立が激化しやすいため、解決をしていくのが難しい問題といえます。

当事務所は、面会交流について多くの解決実績を持っています。お悩みの方は、是非ご相談ください。

 

 


面会交流についてよくある相談Q&A

「面会交流」についてよくある相談Q&A