別居中の夫(妻)に対して、生活費を支払うよう請求することはできますか?

婚姻費用についてよくある相談Q&A

A)夫婦の一方が経済的に苦しいときは、相手方に対し、相手方と同じ程度の生活水準が保てるような金額の生活費を請求すること(婚姻費用の請求)ができると考えられます。

200147この場合の夫婦の分担の割合は、収入の額、資産や負債(借金など)の有無など、さまざまな事情を考慮して決められます。

具体的な分担額について夫婦の話合いがまとまらない場合は、婚姻費用停調の分担や審判の手続をとる方法があります。

しかし、裁判手続き膨大な時間、労力を伴いますので、まずは専門家に交渉してもらうことをおすすめします。


婚姻費用についてよくある相談Q&A

「婚姻費用」についてよくある相談Q&A