LINEやメールは不倫(不貞行為)の証拠になりますか?

不倫(不貞行為)についてよくある相談Q&A

内容によっては不倫(不貞行為)の証拠になります。

 

不倫(不貞行為)とは?

 

LINEのイメージ画像

不倫(不貞行為)とは、異性と性的な関係を結ぶことをいいます。

不倫(不貞行為)は、裁判で離婚が認められる原因となりますし、また、慰謝料請求の根拠ともなります。

そして、一方配偶者の不倫(不貞行為)を理由に離婚や慰謝料を請求するためには、一方配偶者と異性とが性交渉、具体的には性器の挿入行為に及んだことを証明していく必要があります。

 

不倫(不貞行為)を立証するためには?

 

困る女性のイメージイラストただし、直接的に性交渉を証明するには、行為の様子を撮影した動画などがなければならず、そのようなものが証拠としてあるケースは非常にまれです。
それではどのようにして裁判などでは証明しているのでしょうか。

この証明をする際に定番なのは、調査会社、いわゆる探偵に依頼して撮った写真です。
この写真も、ただ単に二人が仲良く腕を組んでいる場面が写っているというだけでは足りません。

ラブホテルに入って出てくる写真や、一方の自宅に夜入り、宿泊して朝帰っていくようなシーンが写っている写真でなければなりません。
そうしなければ性交渉をしたことを認めることができないからです。

以上のことを前提とすると、LINEやメールのやりとりであっても、性交渉があった事実を証明することができる内容であれば、不倫(不貞行為)の証拠になりえます。

 

具体的に必要な証拠は?

 

困る女性のイメージイラスト具体的には、そのLINEやメールのやりとりから、ホテルに行ったことや、いずれかの家に宿泊したような経緯がわかり、その次の日に、たとえば「昨日は気持ち良かった。」などというやりとりがなされており、通常そのやりとりからすると性行為に及んでいるだろうと考えることができる場合です。

もっとも、LINEやメールのやりとりが証拠として弱いところは、表現が曖昧であることが多いため、相手からの言い逃れができてしまうことだといえます。たとえば、「昨日は激しかったね。」などという発言があったとしても、何が激しかったのかが判然としません。

やりとり全体をみてその「激しかった」ことが性行為であったといえなければならないのです。

そうすると、LINEやメールのやりとりで不倫(不貞行為)を立証する為には、以上のような性行為を認めることができるようなやりとりがハッキリと出ていないといけませんから、証拠として用いることのハードルは決して低くはないのではないかと思います。

 

不倫(不貞行為)を匂わせるようなLINEやメールを発見してしまったら?

ポイントの解説をする男性のイラストそのようなやりとりを発見してしまい、不倫(不貞行為)の証拠となるのかどうか迷われることもあると思います。

そのような場合にはまずは弁護士に相談されることをお勧めします。
証拠を法的にどのように使っていくかは、弁護士でなければなかなか判断できない部分も多いからです。

私たちデイライト法律事務所の弁護士は、不倫(不貞行為)を理由とする離婚請求や慰謝料請求について、圧倒的な解決実績を有しています。

手持ちの証拠から、今後どのようなアクションを起こすことができるか、私たちデイライト法律事務所の弁護士が親身になってお答えいたします。

離婚原因についてはこちらをごらんください。

不倫(不貞行為)と慰謝料についてはこちらをご覧ください。


不倫(不貞行為)についてよくある相談Q&A

「不倫(不貞行為)」についてよくある相談Q&A