離婚後、元夫に健康保険証を渡した場合、新たに国民健康保険等に加入するまでの期間は無保険となるのですか?

手続きについてよくある相談Q&A

A. 原則として無保険にはなりません。

プリント専業主婦など会社勤務の夫の扶養に入られていた方の場合は、離婚に伴い、元夫の健康保険から外れ、新たに国民健康保険に加入する手続を市区町村の役所で行う必要があります。

その手続は、具体的には、①あなたが保険証を元夫に返したうえで、②元夫が勤務先の会社で資格喪失証明書を取得したものをあなたが受け取り、③その資格喪失証明書を持って役所に行き、加入手続を行うという流れになります。

この場合、離婚後なので、元夫からの資格喪失証明書の授受は郵送等でなされるのが通常だと思いますが、そうなると、健康保険の資格喪失後、国民健康保険の加入する手続までの間にタイムラグが生じるので、自分が無保険状態になるのではないかと不安を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、無保険状態にはなりませんので、ご安心ください。

確かに、資格喪失証明書の取得日と国民健康保険の加入手続を行う日との間にはタイムラグが生じますが、実務上は、資格喪失証明書の取得日に遡って、国民健康保険の加入日として扱うということになっています。

もっとも、資格喪失証明書が発行された日から国民健康保険の加入手続を行った日までの間に、急病などで病院で治療を受けた場合には、病院でのお支払いは、いったん、全額自己負担の際と同額を支払っておかなければならず、国民健康保険の加入手続後に、役所で還付の手続を行うことになります。具体的には、医療費は3割が自己負担なので、還付の手続を行うことで7割分が戻ってくることになります。

以上をまとめますと、次の通りです。

たとえ、夫に保険証を返した場合でも、無保険状態にはなりません。

もっとも、タイムラグが大きくなると、その分、その期間に病院にかかる可能性が高くなってしまいます。

そうなると、いったんは全額自己負担と同額の治療費を支払い、その後、還付の手続をとるといった多少面倒なことになってしまいます。

できるだけ速やかに、国民健康保険加入の手続を行えるように、離婚前に夫に協力を求めておくと良いでしょう。

 

 


手続きについてよくある相談Q&A

「手続き」についてよくある相談Q&A