慰謝料額の決定要素は?相場はあるのですか?

慰謝料についてよくある相談Q&A

 

悩む女性のイメージイラスト慰謝料の額を決めるには、どのような要素が重視されるのですか。

また、慰謝料の額に相場はあるのですか。

 

弁護士の回答

1 要素について

裁判所は、①有責性、②婚姻期間、③相手方の資力を要因として、慰謝料の額を決定しているといわれています。

以下、それぞれをみていきます。

① 有責性について

不貞行為のイメージイラスト有責性については、婚姻破綻の原因、破綻に至る経緯、婚姻生活の実情、有責行為の態様等が慰謝料額の評価において重視されます。
このうち、破綻の原因としての有責行為が、不貞行為や暴力などのはっきりとした非行でない場合は、慰謝料の額が低くなる傾向になります。
また、態様として、例えば一度きりの不貞行為の場合よりも、反復継続した不貞行為(愛人関係など)の方が、慰謝料の額は高くなる傾向にありますし、一度だけの暴力よりも、日常的に暴力がある場合の方が、慰謝料の額は高くなる傾向にあります。

② 婚姻期間について

婚約のイメージイラスト婚姻期間の長さも慰謝料額を決定する要素の一つです。婚姻期間が長いほど、慰謝料の額は高額になる傾向にあります。

③ 相手方の資力について

困る主婦のイメージイラスト相手方の資力も慰謝料の額を決定する要素の一つです。
もっとも、相手方の資力によって、有責性や精神的苦痛の大きさが左右されるわけではないので、この要素はあくまで参考にとどまります。
とはいえ、現実には裁判所は、資力のある相手方の支払う慰謝料の方が資力がない場合に比べ、高額の判断を示す傾向にあるため、念頭に置いておく必要があります。

④ その他

色々な職業のイメージイラスト①~③の各要素以外にも、双方当事者の年齢、職業、収入、学歴、経歴、親権の帰属等を含めた生活状況も場合によっては、慰謝料の額に影響を及ぼすことがあります。

以上が、慰謝料の額の考慮要素となります。

 

 

2 相場について

弁護士竹下龍之介画像慰謝料の額の相場については、裁判所が判断する場合には、数十万円から300万円程度に収まることが多いです。実際にはこれを上回る高額慰謝料が支払われる場合もありますが、その場合は裁判所の判断に委ねず協議で合意を成立させる場合が多いでしょう。

詳しくは、慰謝料に詳しい弁護士にご相談ください。


慰謝料についてよくある相談Q&A

「慰謝料」についてよくある相談Q&A