離婚届けを出しましたが、離婚後、夫に愛人がいたことが分かりました。慰謝料は請求できますか。

慰謝料についてよくある相談Q&A

弁護士の回答

○を出す男性のイラスト夫に愛人がいたということは、夫の不貞行為になるので、不法行為として慰謝料請求が可能です。その不貞行為が、離婚後に発覚したとしても、離婚によって、不法行為ではなくなるわけではないので、依然として慰謝料の請求は可能です。

また、慰謝料の請求は夫のみならず愛人に対しても可能です。不貞行為は、不貞行為を行った配偶者と不貞行為の相手方が、他方配偶者に対して、共同で行った不法行為(共同不法行為)と考えられているからです。

ポイントの解説をする男性のイラストもっとも、離婚後の請求については、いくつか注意が必要です。

○注意点○

1 離婚に際し、清算条項がある合意書を作成していないか

誓約書のイメージ画像合意書に清算条項(債権債務がないことの確認)があった場合でも合意書を作成した時点で、夫に愛人がいることは知らなかったのであれば、錯誤無効(民法95条)を主張して、争うことは可能です。もっとも、立証の点で、極めて困難を伴うことにはなります。

また、愛人がいることを知っていたにも関わらず、そのような合意書を交わしたという場合には、慰謝料請求自体が清算条項で封じられてしまいます。

いずれにしても、清算条項がある合意書を作成する場合には、注意が必要です。

 

2 消滅時効にかかっていないか

時間のイメージ画像不貞行為の慰謝料は、法的には不法行為に基づく損害賠償請求権なので、損害及び加害者を知った時から3年で時効消滅します。

したがって、今回の質問でいうと、夫に愛人がいたことがわかった時から3年以内に慰謝料請求をしないと、慰謝料請求権が消滅時効にかかってしまいます。

不貞行為により婚姻関係が破綻し、その結果離婚に至ったとして、離婚そのものの慰謝料という構成で、時効の完成を先延ばしするということも考えられますが、その場合でも、離婚成立時から3年で消滅時効にかかります。また、この構成では、不貞行為の相手方(愛人)に対する請求の時効を先延ばしすることはできません。

ポイントの解説をする男性のイラストいずれにせよ、慰謝料請求には期間制限があることに注意しておく必要があります。

離婚成立後に慰謝料を請求する場合には、できるだけ早く、弁護士に相談に行かれた方が良いでしょう。


慰謝料についてよくある相談Q&A

「慰謝料」についてよくある相談Q&A