夫と浮気相手に慰謝料を請求したいのですが、証拠がありません。どうすれば良いですか。

慰謝料についてよくある相談Q&A

 

焦る女性のイメージイラスト夫と浮気相手に慰謝料を請求したいのですが、証拠が全くありません。

いろいろな方法を試みましたが、自分で証拠を集めることはできませんでした。

このような場合、どうすれば良いでしょうか。

 

弁護士の回答

弁護士竹下龍之介画像夫と浮気相手に慰謝料を請求するには、不貞行為すなわち性行為を証拠に基づいて立証することが必要です。

しかし、どうしても、ご自身では証拠を集めることができない場合もあると思います。

そのような場合には、調査会社に依頼して、その報告書を証拠に使うという方法が考えられます。

もっとも、調査会社に依頼するとなると、費用がかかるので、夫が確実に浮気相手と会っていると思われる日をピンポイントで特定して依頼するのが良いでしょう。

では、調査報告書として、どのような内容であれば、不貞行為の立証が可能な証拠といえるでしょうか。

 

不貞行為の立証が可能な調査報告書の例

①夫と不貞相手が一緒にラブホテルに入るところと一定時間経過後に出るところの鮮明な写真がある調査報告書

 

一般にラブホテルは、性行為をする場所という社会通念があるので、そこに出入りする写真がついている調査報告書であれば、不貞行為を推認させる力はかなり強いといえます。

 

②夫と不貞相手が一緒に深夜に不貞相手の家に入っていく鮮明な写真がある調査報告書

この場合は、時間帯と頻度も重要になってきます。一般に、深夜に、自宅を訪問するということは通常の友人関係ではあまりないことなので、深夜の自宅訪問が認められる調査報告書であれば、不貞行為を推認させる力は、相当程度あるといえます。
説明する男性のイメージイラストもっとも、その場合は、ラブホテルに出入りしている写真がある調査報告書ほどには、性行為に密接しているとまではいえないので、1日だけではなく継続的に調査を依頼し、頻繁にそういうことがあることを立証できると、なお、不貞行為を推認させる力は高まるでしょう。

 

不貞行為の立証が難しい調査報告書の例

①顔の識別が難しい写真(不鮮明な写真)しかない調査報告書

この場合には、たとえ、ラブホテルに出入りしている場面の写真であったとしても、人物の特定性の問題が生じてくるので、夫と不貞相手の不貞行為を推認することは難しくなります。

 

②夫と不貞相手が実際に会っていることは分かるものの、例えば外食など外で会っていることが分かるにすぎない調査報告書

 

説明する男性のイメージイラストこの場合は、夫と不貞相手の性行為を推認することは、できません。2人きりで会っていることが分かるだけでは、証拠としては弱いと言わざるを得ません。


慰謝料についてよくある相談Q&A

「慰謝料」についてよくある相談Q&A