夫と家庭内別居状態で、同僚と男女の関係になってしまった場合、慰謝料を払わなければならない?

慰謝料についてよくある相談Q&A

 

夫婦喧嘩のイメージイラスト私と夫は、夫婦関係も冷えきっていて、現在はいわゆる家庭内別居状態です。

そのような状況で、私は職場の同僚の男性と男女の関係になってしまいました。

そのことが夫に分かってしまい、慰謝料を請求されています。このような場合でも慰謝料を払わなければならないのでしょうか。

 

弁護士の回答

説明する男性のイメージイラスト結婚している男女が異性と性行為を行うと、それは不貞行為として慰謝料の発生原因になります。

もっとも、婚姻関係がすでに破綻している場合には、慰謝料が発生しないというのが判例です。理由としては、夫婦関係がすでに破綻している場合には、婚姻共同生活の平和の維持という権利自体が失われていることをあげています。

そうである以上は、不貞行為の慰謝料を請求された場合には、婚姻関係はすでに破綻していたという反論(これを破綻の抗弁といいます)をしていくことが有効です。

説明する男性のイメージイラストでは、婚姻関係が破綻していたというためには、どのような事情が必要になるでしょうか。

破綻とは、夫婦関係が修復困難な状態になっていることをいいます。そして、破綻しているといえるかは、主観的な感情によって判断されるのではなく、客観的な実態によって判断される傾向にあります。

具体的に、実務上、重視されているのは、別居の有無です。別居しているだけで直ちに破綻していると認められるわけではありませんが、別居の態様や期間は破綻の認定において極めて重要な要素になるのは間違いありません。

裁判所のイメージ画像では、家庭内別居の場合はどうでしょうか?

家庭内別居で、破綻を認定した裁判例は存在しますが、原則としては、難しいでしょう。というのも、同居中の場合は、修復困難と客観的には判断しにくいからです。家庭内別居の場合に破綻と認定されるには、いかに夫婦としての実態がなかったかという主張を一つ一つ積み重ねていくしかありません。例えば、離婚調停を起こしていたことや、家計が事実上別々になっていたこと等の事実を主張することになります。

弁護士竹下龍之介画像そもそも、裁判所は破綻の抗弁を認めること自体、消極的です。そうである以上、家庭内別居の場合に、破綻の抗弁が認められるのは稀と考えておいた方が良いでしょう。


慰謝料についてよくある相談Q&A

「慰謝料」についてよくある相談Q&A