養育費をさかのぼって支払ってもらうことができますか?

養育費についてよくある相談Q&A

弁護士の回答

説明する男性のイメージイラスト原則として、養育費支払い請求があったとき(基準時)から支払ってもらえます。

ですので、さかのぼって支払ってもらうことができる場合があります。

このご質問は、女性からいただくことが多いです。

このご質問をいただくのがどのような状況にあるときかが分かりにくいと思いますので、まずはこの点について説明いたします。

裁判の流れのイメージイラスト例えば、離婚の際に養育費の取り決めをしなかったが、離婚後に養育費を請求したという状況です。

離婚が、平成○○年○月○日(時点①)
養育費を請求したのが、平成△△年△月△日(時点②)

として、時点②以降の養育費を支払ってもらえることについては、特に問題ありません。

裁判のイメージイラストでは、時点①と時点②の間に発生した養育費を支払ってもらえるのかが、この質問をいただくときの状況の一例です。

この点について、たしかに裁判例の中には、「裁判所は裁量により、相当と認める範囲で過去に遡って養育費の支払いを命じることができる」と判断したケースもあります。

しかし、多くの裁判例と家裁実務は、養育費の調停申立てがなされるなど、請求の意思が明確になった時点を基準としています。

裁判所のイメージ画像裁判所がこのような判断をするのは、過去にさかのぼって一度に請求されると莫大な金額になってしまう、あるいは、いったいいつから養育費を支払うべきだったのかの基準があいまいであるという考えが背景にあるからだと思われます。

ですので、支払ってもらえていないが支払われるべき養育費がある場合には、早急に調停を申し立てる、内容証明郵便を送るなどして、請求の意思を明確にしておくことが重要です。

ただ、そもそも支払われるべき養育費があるのか、あるとしてどのようにして請求してよいか分からないこともあるかと思います。

ですので、こうした場合には専門家のサポートが必要です。

当事務所では、こうした問題について専門家の立場からサポートをさせていただくことができます。

当事務所は、離婚に悩む方、離婚後に悩みを抱えられた方に対して、専門の弁護士が親身にサポートを行っています。

独りで悩まずにお気軽にご相談ください。

>> ご相談の流れはこちらからどうぞ。

>> 養育費について、くわしくはこちらをごらんください。


養育費についてよくある相談Q&A

「養育費」についてよくある相談Q&A