親権を譲った場合、自分は子どもと一緒に生活したり、面会することはできないのでしょうか?

親権についてよくある相談Q&A

A) できます。

080706相手方と親権をめぐって対立した場合、無用な紛争を避けるために親権を相手に譲って自分が監護者となる方法もあります。

この監護者の有する監護権とは、簡単に言えば、子どもと一緒に生活することのできる権利です。

監護者となる場合、相手に養育費を支払ってもる権利もあります。

また、監護者とならなくとも、子どもに面会したり、一緒に時間を過ごしたり、文通することができます。

これを面接交渉権と言います。

この権利は、子どもに悪影響を及ぼすような場合でない限り、制限できません。


親権についてよくある相談Q&A

「親権」についてよくある相談Q&A