面会交流とは何ですか?

面会交流についてよくある相談Q&A

弁護士の回答
子供と遊ぶお父さんのイメージイラスト面会交流とは、離婚の際に、親権者とならず、子を監護していない親が子どもと会うなどして交流することです。

離婚問題を扱う中で様々な点が問題となりますが、とりわけ面会交流は対立が激しくなって争いになることもしばしばあります。

離婚は夫婦の問題ですが、子どもにとっては両親であることに変わりはありません。そのため、子どもに関する取り決めをする際には、子どものことを第一に考えて冷静な話し合いをすることが望ましいのは言うまでもありませんし、誰もが理解していることだと思います。

夫婦喧嘩のイメージイラストしかし、夫婦が離婚する多くのケースではお互いの感情的対立が激しくなるため、できる限り相手の要求には応じないという雰囲気になりがちです。

そして、その感情的対立の中に面会交流も巻き込まれてしまうのです

具体的には、例えば、監護親は、相手方(非監護親)ができる限り子どもと会う機会を減らしたいと考え、非監護親はできる限り子どもと会いたいと考えることで、双方の意向の違いから対立が生じます。

たしかに、離婚に際して夫婦が対立することが多いのは事実です。

しかし、面会交流は、子どもが非監護親と交流する機会を設けることで、子どもの健やかな成長につながるという考え方から実施されるものです。

考える子供のイメージイラスト実際、家庭裁判所は、面会交流は、特段の事情がなければ実施するべきだという考え方で動いているように感じます。

したがいまして、離婚条件の中の面会交流を考える際には、子どもの福祉・利益に資するのは何かという視点で考えることが、とても重要になります。

・面会交流の実施頻度や方法等の取り決め内容
・面会交流を実施するかどうかの判断(面会交流を実施すべきではないのではないか)
・長期間、面会交流を実施できていない場合の対応

父子のイメージ画像こうした面会交流の各テーマの根本にあるのは、「子どもの福祉・利益」です。

双方の感情的対立から、取り決め等をするのに難が生じる面会交流については、第三者が介在することが望ましいケースが多々あります。

当事務所では、こうした問題について専門家の立場からサポートをさせていただくことができます。

当事務所は、離婚に悩む方、離婚後に悩みを抱えられた方に対して、専門の弁護士が親身にサポートを行っています。

独りで悩まずにお気軽にご相談ください。

>> ご相談の流れはこちらからどうぞ。

>> 面会交流について、くわしくはこちらをごらんください。


面会交流についてよくある相談Q&A

「面会交流」についてよくある相談Q&A