夫婦が株式などの有価証券を取得した場合、財産分与の対象となりますか?

財産分与についてよくある相談Q&A

弁護士の回答

株のイメージ画像結婚中、夫婦が株式などの有価証券を取得した場合は、その財産価値がある限りは財産分与の対象となります。財産価値があるかどうかを判断するためにも、株式の時価を調べる必要があります。

 

株式の時価を調べる

【上場会社の株式】

上場会社の株式については、経済新聞やインターネットなどで時価を調べることが可能です。
相手方が株式を持っているのかわからない場合には、相手方の通帳を見ると、取引履歴から株式を持っていることが判明することもあります。

【非上場会社の株式等】

問題となるのは、非上場会社の株式や医療法人等の出資です。

悩む男性のイメージイラスト例えば、夫が会社を経営していて、その会社の株式のほとんどを保有しているという場合や、夫が医療法人の理事であり、出資している場合などです。

基本的には、これらの株式や出資持分も財産分与の対象財産と考えられますが、その評価が難しくなります。

このような場合、会社の会計帳簿等を調査し、複雑な方法で価値を算定することになりますので、公認会計士などに依頼して時価を算出する必要があります。

財産分与の方法としては、例えば株式の場合には、

①株式を分割する

②売却する

③一方が取得して相手方に代償金を支払ったり、評価額に相当する他の対象財産を分与したりする。

 

という方法があります。

 

 


財産分与についてよくある相談Q&A

「財産分与」についてよくある相談Q&A