夫婦で購入した家具・家電や車は、財産分与の対象になりますか?

財産分与についてよくある相談Q&A

弁護士の回答

財産分与の対象になる可能性がある動産とは、夫婦が共に暮らしていた自宅内にある家具・家電や、自動車のことです。

これらのうち、婚姻後に夫婦共有財産から購入した動産が、財産分与の対象となります。そのため、結婚前から夫婦の一方が使っていた家具・家電や、自動車のローンを全額一方の親が支払った場合などは、財産分与の対象となりません。

家と車のイラスト

財産分与の対象となる動産については、時価を算定する必要があります。

家財道具のイメージイラストこのうち、家具・家電については、購入後使用し続けて行くうちに価値が損なわれていく(いわゆる経年劣化する)ものなので、高級家具・家電でない限り、時価はあまり高いものとなりません。そのため、協議し、離婚後の生活でも使用を希望する側が、現物の分与を受け、対価を支払わないということも実際は少なくありません。

自動車の場合も時価相当額が財産分与の対象となります。

車の査定のイメージイラスト自動車については、中古車業者やディーラーなどに見積もりを出してもらう形で時価を調べるという方法があります。また、インターネット上の中古車販売業者のサイトなどで、同じ車種・年式の自動車の販売価格を調べて、時価を算定することもあります。

もっとも、自動車の場合、自宅ほどの価値がない場合がほとんどです。そのため、高級車ではない場合、あまり複雑化させないようにするため、時価を算定しないことも多いです。

 

【ローン残高の確認】

計算のイメージ画像不動産と同様に、自動車については、ローンを組んで購入されている方が多くいらっしゃいます。そのため、自動車を財産分与の対象とする場合は、時価から残ローンを差し引いて、評価額を算出します。


財産分与についてよくある相談Q&A

「財産分与」についてよくある相談Q&A