夫が会社の経営者の場合、預貯金や車、不動産などの財産は分与してもらえますか?

財産分与についてよくある相談Q&A

弁護士の回答

会社経営者のイメージ画像財産分与にあたって、夫または妻以外の第三者名義となっている財産についても分与してもらえますか、という相談は多くあります。

例えば、夫が会社の経営者であり、預貯金や車、不動産などたくさんの財産が会社名義となっている場合です。

第三者名義の財産は、原則として財産分与の対象とはならないとされています。

これは、たとえ夫が経営している会社であっても、あくまでも夫婦とは別の集団の財産であって、個人の財産ではないからです。

もっとも、特に個人経営の会社については、税金対策などの理由もあり、代表者の個人財産と、会社財産が混ざって実質的に一体となっている場合も多くあります。

横柄な態度の男性のイメージイラストまた、個人経営の会社においては、代表者の配偶者が経理などの職に就いて、代表者を補助しているケースも少なくありません。

そこで、裁判例は、夫婦が婚姻中協力して形成した財産で、夫婦の一方が事実上支配または支配しうる財産、あるいは将来夫婦の一方の財産になる見込みが十分な財産についても、夫婦の一方の潜在的な財産にあたるとして、財産分与の対象となると判断しています。

悩む女性のイメージイラストただし、会社名義の財産が財産分与の対象となるとしても、代表者でない側の配偶者が会社の経営にほとんど携わっていないような場合には、財産形成は代表者の能力・努力によるところが大きいとして、財産分与の割合である寄与度が、原則の2分の1より低めに判断されることもあります。

いずれにせよ、会社名義の財産が財産分与の対象とされるのは例外的な場合ですので、丁寧かつ的確な主張と、専門的な知識が必要となりますので、一度弁護士にご相談されることをおすすめします。


財産分与についてよくある相談Q&A

「財産分与」についてよくある相談Q&A