過去分の生活費を、遡って支払ってもらうことはできますか?

婚姻費用についてよくある相談Q&A

弁護士の回答

お金のイメージ画像離婚が成立するまで、収入が多い配偶者(夫が多いです)は、相手方に対して婚姻費用(生活費)を支払わなければなりません。

では、過去に支払われるべき婚姻費用について、未払いとなっている部分がある場合にはどうなるのでしょうか。

まず、過去の婚姻費用の不払分について、通常の民事訴訟でそれだけを請求することは認められていません。

しかし、婚姻費用が支払われないと、支払を受ける妻(または夫)は、借入金や親族からの援助によって婚姻費用を賄うことになるため、離婚の際に清算されないと、あまりに当事者間の公平を欠きます。

そこで、実務では、過去の婚姻費用は、財産分与の額・方法を定める際に考慮される「一切の事情」に含まれるとされ、財産分与の手続中で勘案されることになっています。

よって、未払いとなっている過去の婚姻費用については、財産分与で請求することができるのです。

時間のイメージ画像ただし、過去の婚姻費用を財産分与の対象とするためには、支払義務の内容を確定させておく必要があります。別の動画で解説しているとおり、財産分与は離婚後でも請求できますが、婚姻費用分担義務は離婚後には生じないためです。

具体的には、婚姻費用分担の審判で、未払婚姻費用の存在とその額を確定しておく必要があります。

なお、婚姻費用の金額は、別の動画セミナーで弁護士竹下が解説しているとおり、資産や収入その他一切の事情を考慮して決められることになります。

 

 


婚姻費用についてよくある相談Q&A

「婚姻費用」についてよくある相談Q&A