夫が内緒で財産を処分しようとしています。どうしたらよいでしょうか?

財産分与についてよくある相談Q&A

弁護士の回答
財産分与のイメージ画像まず、財産分与について合意する前に、財産を保有・管理している相手方が、財産を処分するおそれがある場合は、処分を止める必要があります。

例えば、財産分与の対象となる財産が自宅マンションしかないにもかかわらず、名義人である夫が、第三者に売却しようとしているときは、売却を止めないと、第三者の手にわたってしまった場合は、マンションの分与を受けることができなくなってしまうのです。

差し押さえのイメージイラストこの場合は、家庭裁判所に、「保全手続」、具体的には、「仮差押え」もしくは「処分禁止の仮処分」を申し立てることになります。

これは、離婚訴訟で財産分与の附帯請求をしている場合もしくは訴訟を提起予定であること、または財産分与審判を申し立てていることが条件です。

これにより、離婚訴訟または財産分与審判が確定するまで、売却など一切の処分行為をすることが制限されます。また、第三者が財産を取得した場合も、保全手続を申し立てた者は、第三者の権利を無視して、不動産競売などを行うことができます。

ただし、この保全手続は、本来は個人が自由に処分できる財産の処分を一定期間制限するという非常に強い効力をもつものなので、「保全の必要性」があるか否かが、きわめて厳しく判断されます。
家庭裁判所のイメージイラストまた、申し立てた側は、その財産の額に応じて、一定の担保金を裁判所におさめなければなりません。この担保金は、保全命令の効力が失われたときに返してもらえますが、財産の額が高額であれば担保金額もかなり高額となることもあります。

保全手続は、早急に対応する必要がある複雑な手続ですので、財産を処分されそうであるとお困りの方は、ぜひ弁護士にご相談ください。


財産分与についてよくある相談Q&A

「財産分与」についてよくある相談Q&A