婚約破棄された相手の子どもを出産予定です。法的責任を問うことはできますか?

婚約破棄についてよくある相談Q&A

 

妊婦のイメージイラスト結婚を約束していた相手方から、婚約破棄を切り出されました。
私は、相手方との間の子どもを出産し、いわゆる未婚の母として子どもを育てる予定です。
私が相手方に対してとりうる法的手段を教えてください。

弁護士の回答
説明する男性のイメージイラスト貴女が相手方の子どもを妊娠した後に婚約破棄をされてしまった場合、貴女は相手方に対して婚約破棄に基づく責任と、お子様の父としての責任を追及することができます。

まず、相手方が貴女との婚約を、親の反対にあったことや別に交際相手ができたことなどの不当な理由に基づき破棄した場合、貴女は相手方に対し、婚約破棄に基づく損害賠償請求を行うことが出来ます。ここで損害の一つである慰謝料を算定するうえでは、貴女が相手方の子を妊娠していることも考慮されます。

生まれてきたお子様との関係で法律上の父子関係が生じると、貴女は相手方に対し、お子様の父としての法的責任を果たすよう求めることが出来ます。

この法律上の父子関係を生じさせるには、相手方がお子様を認知する必要があります。認知の手続は相手方が認知届を役所に提出することにより行うことが出来ますが、相手方がすんなりと応じない場合、貴女は相手方に対し認知を求める調停を申立て、調停の中で話合いを行うことになります。調停では、父子関係を証明するために、DNA鑑定などの方法を用いることもあるでしょう。

認知手続が完了すると、相手方は正式にお子様の法律上の父となります。そこで、貴女は相手方に対し、お子様の養育費の支払いを請求することが出来ます。

妊婦のイメージ画像ここで、認知の種類についてご説明します。

認知はお子様が生まれた後はもちろんのこと、お子様が生まれる前にも行うことが出来ます。お子様が生まれる前に行う認知を胎児認知といいます。胎児認知を済ませておくと、お子様の出生届を提出する際、父の欄に認知した男性の名前を記入することが出来るため、一時的にでも父の欄が空欄となることを回避することが出来ます。もっとも、胎児認知には母の承諾書の提出が要求されています。


婚約破棄についてよくある相談Q&A

「婚約破棄」についてよくある相談Q&A