離婚の際に婚氏を選択した何年も後に、旧姓に戻ることはできますか?

手続きについてよくある相談Q&A

 

疑問を抱く女性のイラスト離婚の際に、夫婦の姓である「A野」を名乗ることに決めました。

私は、自営で仕事をしているのですが、呼び名が変わることにより生じる支障を考えて、そのようにしたのです。

その後、8年が経ち、年齢の問題で、自営の仕事を辞めることになりました(借金などはありません)。

お墓の関係で、最後は、旧姓に戻りたいと考えています。

今さら旧姓に戻ることは可能なのでしょうか?

ポイントの解説をする男性のイラスト家庭裁判所が「やむを得ない事由がある」と判断した場合に限り、許可がおり、旧姓に戻ることができます。

この問題について、当事務所の離婚問題専門の弁護士が解説いたします。
離婚の際、民法上は、原則復氏といって旧姓に戻るのが原則です(民法767条)。

しかし、離婚の日から3ヶ月以内に婚姻時の氏を称する届けを出すことによって、婚姻時の姓を名乗り続けることが可能になります。

 

一度婚姻時の姓を名乗り続ける選択をした場合、自分の判断で再び旧姓に戻ることは可能?

悩む女性のイメージイラスト結論からいうと、一度、婚姻時の姓を名乗り続けることを選択した以上は、自分の判断だけでは旧姓に戻すことは不可能です。

戸籍法107条1項は、「やむを得ない事由によつて氏を変更しようとするときは、戸籍の筆頭に記載した者及びその配偶者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない。」と規定しています。

すなわち、婚姻時の姓を名乗り続けることを選択した後に旧姓に戻すには、「やむを得ない事由」を主張して、家庭裁判所の許可を得ることが必要なのです。

 

どのような場合に家庭裁判所の許可がおりる?

裁判のイメージイラストこれは、ケースバイケースで、統一した判断がないのが現状ですが、平成15年10月21日の福岡高裁の決定が参考になります。

この決定のなかで、福岡高裁は要旨として、次のように判示しています。

氏は、社会生活をするうえで、個人の同一性を識別するために重要な意義を有しているから、やむを得ない事由がなければ変更できない。

しかし、離婚の際は民法上原則復氏であり、婚氏の継続は例外である。

婚氏の続称については、制度の理解が不十分なものが多く、事後的にも簡単に復氏できると考えている者も少なからずいる。

子どものためやその他の諸事情により、自らの意思を抑えて婚氏を続称する者がいることも社会的事実である。

昨今の姓に対する考え方の変化

これらの事情を考慮すると、婚氏を継続使用した者が婚姻前の氏への変更を求める場合は、一般の氏の変更の場合よりも「やむを得ない事由」の有無の判断は緩やかに解釈するのが相当である。

 

判決のイメージイラスト近時のこの問題についての審判例を考察すると、概ね、上記の判断基準で許否が判断されていると思われます。

その他の要素として、氏の変更(復氏)の目的が消費者金融等からの借金を可能にするため等の不当な目的がないこと、(単に実家のお墓に入るだけにとどまらず)祭祀継承者になるなどの事情があること、(子がいる場合)その子の氏についての意思等が考慮されることが多いようです。

 

今回の場合、下記の事情があったことを考慮すると、たとえ8年という期間、婚氏を用いていたとしても、裁判所の判断で旧姓に戻す許可が得られる可能性は十分あるといえるでしょう。

 

喜ぶ女性のイメージイラスト○ 本心としては、離婚の際に復氏したかったが、自営の仕事を継続するために婚氏を続称する決意をしたこと

○ 自営の仕事を辞めることになり、復氏に支障はなくなり、また、仕事を辞めることになったことから社会的にも影響がないこと

○ 借金もなく、不当な目的とはいえないこと

 

ポイントの解説をする男性のイラスト氏の変更でお悩みの方は、離婚問題に詳しい当事務所の離婚専門の弁護士にご相談ください。

離婚後のお手続きも含めてサポートさせて頂きます。

弁護士へのご相談はこちらからどうぞ

 


手続きについてよくある相談Q&A

「手続き」についてよくある相談Q&A