別居後の不貞行為でも慰謝料請求できますか?

不倫(不貞行為)についてよくある相談Q&A

×を出す男性のイラスト別居後の不貞行為は、夫婦関係が破綻したと認定された後の不貞行為と認定されれば、慰謝料請求はできません。

この問題について、当事務所の弁護士が解説いたします。

 

破綻の主張

夫婦喧嘩のイメージイラスト不貞行為の慰謝料請求でしばしば問題となるのが、行為時に夫婦関係が破綻していたという主張です。

破綻については、平成8年3月26日の最高裁判例が、「婚姻関係がその当時既に破綻していたときは、特段の事情がない限り、不法行為責任を負わないものと解するのが相当である」としました。

その根拠としては、不貞行為が他方の配偶者に対する不法行為となるのは、それが「婚姻共同生活の平和の維持という権利ないし法的保護に値する利益を侵害する」からであり、すでに婚姻が破綻していた場合には、原則として、このような権利または法的保護に値する利益があるとはいえないからです。

破綻の認定方法

別居のイメージイラストでは、なにをもって、裁判所は、破綻を認定するのでしょうか?

ひとつの基準が、別居です。

ここで注意すべきは、離婚訴訟における離婚原因としての「破綻」と、不貞行為の損害賠償請求における破綻の抗弁における「破綻」とでは、裁判所は別の考え方をする傾向が強いという点です。

具体的には、前者の方が、後者よりも、長期間の別居を必要とする傾向にあります。

とはいえ、後者(本件)の場合も、別居後の不貞行為というだけで、破綻後の不貞行為と直ちに認定されるわけではありませんからご注意ください。

 

東京地裁 平成24年11月12日判決

裁判のイメージイラスト別居後の不貞行為の事案です。

下記のように、別居後も定期的に自宅に戻っていたという事情等により、破綻を認めませんでした。

「被告は、Bと不貞行為をした当時...(略)...Bと原告の婚姻関係が破綻していたと主張する。しかし、Bは、平成19年10月以降原告と別居を始めたものの、ほぼ定期的に自宅に戻っていたし、原告との間で具体的に離婚について協議をしていたこともなく、実際に被告はBから原告と離婚するなどと伝えられていないし、Bも原告から胎児認知届を問いただされたときですら離婚するつもりはないと当初答えていたのだから、Bと原告の婚姻関係が破綻していなかったことは明らかである。したがって、被告の上記主張は認められない。」

 

お悩みの方は弁護士へご相談ください。

相談する女性のイラストこのように、別居後の不貞行為は、夫婦関係が破綻したと認定された後の不貞行為と認定されれば、慰謝料請求はできませんが、「破綻」という概念が法的なものであるため、ご自身の判断で諦める必要はありません。

不貞行為と慰謝料の問題に詳しい当事務所の弁護士にご相談されてから判断することをおすすめいたします。

弁護士へのご相談はこちらからどうぞ

 


不倫(不貞行為)についてよくある相談Q&A

「不倫(不貞行為)」についてよくある相談Q&A