婚姻費用を獲得したうえで早期に離婚ができた、妻Sさん(30代)の事例

ご相談者Sさん (佐賀県伊万里市)
職業:会社員(育児休暇中)
婚姻期間:3年
解決までの期間:4ヶ月
解決方法:協議
子どもあり (長男、長女)
離婚を切り出した


依頼前 依頼後 利益
離婚 ×不成立 ○成立
養育費 なし 月額2万円を22歳まで
+学資保険の満期返戻金金額の受領
約900万円
婚姻費用 なし 月額3万円 12万円
財産分与 なし 25万円 25万円

 

状況

Sさんは、約3年の結婚生活の中で、口論となると暴言をはき、仕事を転々とし、Sさんの両親とあまり折り合いがよくない夫との関係に徐々に悩むようになりました。

そんなとき、長女を妊娠・出産したことで、一度は家族として頑張ろうと思うようになりましたが、長男の育児にさほど協力せず、生活費を払おうとしない夫の姿をみて、やはり離婚を避けられないと考えるようになり、別居を始めました。

Sさんは、早期の解決を希望していたこと、口論のたびに心無い発言をする夫の姿をみてきたことから、当事者間での話し合いは困難と考え、弁護士に協議離婚の代理交渉を依頼しました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、夫に対し、協議離婚を申し入れるとともに、産休中で収入がないSさんと長女の生活費(婚姻費用)の支払いを求めました。

夫は、当初は離婚と婚姻費用の支払いを拒否していましたが、弁護士がSさんの離婚の決意が固いことを伝えたところ、弁護士を就け、離婚協議に応じ、婚姻費用を支払うようになりました。

その結果、約4か月というスピードで協議離婚が成立しました。

 

補足

Sさんのケースでは、目立った離婚原因がなかったことから、夫が離婚に同意してくれない場合には、離婚成立まで時間を要する可能性がありました。

そのため、産休中だったSさんは、生まれたばかりの長女を抱え、生活費に不安を抱いていました。

そこで、弁護士は、Sさんが早急に婚姻費用の支払いを受けることができるように交渉しました。これまでほとんど生活費を支払ってこなかった夫にとって、月額3万円の婚姻費用は負担になったようです。

結果的に、Sさんは、婚姻費用の支払いを受けることができたのみならず、希望どおり、早期に離婚をすることができました。

相談者様よりも相手方の方の収入が高いなど、相手方が生活費を支払う義務を負っている場合は、離婚の交渉に加えて婚姻費用の請求をすることで、早期離婚が可能になることもあります。

夫が応じてくれないからとあきらめる前に、一度弁護士にご相談ください。

この事例の養育費に関する説明は、こちらをご覧ください。

この事例の離婚に関する説明は、こちらをご覧ください。

この事例の財産分与に関する説明は、こちらをご覧ください。



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

婚姻費用とは?
婚姻費用の算定
婚姻費用の諸問題

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 離婚に応じない
  • 性格の不一致
  • 婚姻費用を増額
  

相手方が離婚に消極的であったにもかかわらず希望どおりの条件で離婚できた妻Hさんの事例

Hさんは、平成4年頃に結婚しましたが、平成27年頃から性格の不一致等により夫との離婚を考えるようになりました。何度か離婚の申入れをしましたが、夫が離婚に消極的であり、また仕事の関係で別々に暮らしていた[...]

依頼結果:

婚姻費用 月額24万円(月額12万円増額


50代女性 / 主婦 / 婚姻期間:24年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点