不倫のうえ家を出て行った夫から相場以上の養育費を獲得して離婚した、妻Eさん(30代)の事例

ご相談者Eさん (福岡県福津市)
職業:会社員
婚姻期間:3年
解決までの期間:1年1ヶ月
解決方法:協議
子どもあり (長男)
離婚を切り出した


サポート無 サポート有 利益
離婚 ×不成立 ○成立
養育費 月額4万円を
20歳まで
月額5万円を
大学卒業時まで
約300万円
慰謝料 0円 190万円 190万円
婚姻費用 なし 月額10万円 月額10万円

 

状況

Eさんは、3年前に夫と結婚しましたが、結婚2年目で長男が生まれた翌年、夫の不貞が発覚しました。

Eさんは、夫の裏切りに傷つきましたが、長男のためには夫婦関係を修復したいと考え、夫と不貞相手に別れるように求めました。

しかし、夫らに反省の色はみえず、結局夫は自宅を出て行ってしまいました。

そのため、Eさんは、悩んだ末、夫との協議離婚の代理交渉を弁護士に依頼しました。

 

弁護士の関わり

夫は、夫婦関係破綻、別居の原因は、Eさんとの不和にあり、不貞にあるわけではないと主張し、慰謝料の支払を拒否しました。

また、養育費についても、正社員として稼働しているEさんの収入をも加味した適正額より少し高い金額を提示しただけでした。

そのため、弁護士は、積極的に離婚を望んではいないことを伝えたうえで、ゆっくりと協議を進めました。

そして、ご依頼から1年1ヶ月という時間をかけて、相手方から、適正額よりも高く、夫の提示よりも支払終期を延ばした養育費を引き出し、離婚後の生活に不安を抱いていたEさんも納得する条件で離婚を成立させたのです。

 

補足

弁護士は、あえて協議をゆっくり進めることで、有責配偶者であり離婚を望んでいる夫が、離婚するために条件をあげてくる状況を作り出しました。

夫は自ら不貞を認めている有責配偶者ですから、Eさんが離婚を拒否し続けた場合は、長ければ18年ほど(長男が自立するくらいまで)離婚できない可能性がありました。

そのため、離婚をするためには、養育費などの離婚条件をEさんの希望に近づけるほか途はなかったのです。

また、弁護士は、同時に、夫の不貞に傷つき、離婚後の生活に不安を抱えていたEさんのお話をできる限り聞くことで、Eさんに寄り添い、Eさんが納得いく形での解決を共に模索しました。

養育費は、お子さんの成長に必要なものですが、金額はもちろんのこと、満20歳までとされることが多い支払終期を延ばすことによっても、お子さんの成長の助けになります。

特に、大学まで進学する子共が増えている現代においては、支払の終期を大学卒業時、または22歳とすることは重要です。

養育費について分からないことがある方、相手方の提示額が適正な金額なのかお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。

 

この事例の離婚についての説明はこちらからどうぞ

この事例の慰謝料についての説明はこちらからどうぞ

この事例の婚姻費用についての説明はこちらからどうぞ

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

養育費とは?
養育費の通常の算定方法
相手方の収入を調べる
養育費の諸問題

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 浮気
  • LINE
  • 養育費を増額
  • 相手に浮気された
  

夫の女性関係をきっかけに離婚を決意し、養育費の取り決めをした妻Eさん

約4年前に婚姻し、その後長女が誕生しました。婚姻後3年を過ぎた頃に特定の女性と頻繁にLINEのやり取りをするようになりました。女性に対しても夫に関わらないよう強く求めましたが、夫の行動が止むことはなか[...]

依頼結果:

養育費 月額5万円(月額5万円増額


30代女性 / パート / 婚姻期間:4年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点