不倫をした夫から慰謝料1000万円を獲得して熟年離婚を成立させた妻Sさん(50代)の事例

ご相談者Sさん (福岡県大牟田市)
職業:専業主婦
世帯年収:1000万円
解決までの期間:5ヶ月
解決方法:調停
子どもあり (3人(成人))
離婚を切り出した

相手:会社員


サポート無 サポート有 利益
慰謝料 0円 1000万円 1000万円
財産分与 200万円 900万円 700万円
婚姻費用 月額10万円 月額14万円 月額4万円
年金分割 50% 50%

 

状況

Sさんは、夫と昭和62年に婚姻し、その後3人の子どもを授かりました。子どもは皆成人し自立していました。

夫は平成18年に他県に転勤し、単身赴任となりました。

ところが、夫は、平成23年ころからAという女性と同棲するようになりました。

夫は、平成24年に自宅のある福岡県(大牟田市内)に転勤となりましたが、自宅には帰らず、別にマンションを借りて、Aとの同棲を続けました。

平成26年3月、夫は離婚調停を申し立ててきました。

困ったSさんは、今後の対応について、当事務所に相談にきました。

 

弁護士の関わり

Sさんは、相談において、まだ離婚はしたくないとの意向を持っていました。

弁護士がSさんに離婚したくない理由をうかがうと、夫への愛情ではなく、「離婚後の生活費不安がある」と言うのです。

そこで、弁護士は、まず、離婚後の生活への不安がないように今後の生活設計についてアドバイスをしました。

すると、Sさんは、離婚に前向きになりました。そして、夫や不貞相手から正当な賠償金を獲得したいというお気持ちに変わりました。

弁護士は、調停対応で受任し、裁判所へ出廷しました。

また、Aに対しては、内容証明郵便を送り、慰謝料として500万円を請求しました。

調停において、当初、夫側は、財産分与を行う代わりに慰謝料は支払わないなどと主張しました。

これに対し、弁護士は、Sさんの生活補償の必要性、夫や相手女性の悪質性等について訴えました。

調停において、粘り強く交渉した結果、4回目の調停で、慰謝料1000万円(まず、一括払いとして300万円、その後生活支援金名目で月額10万円を70回に分けて支払う。)の条件で、離婚が成立しました。

 

補足

熟年離婚やお子様がいる妻の場合、離婚後の生活に不安を抱き、離婚に踏み出すことができない方が多くいらっしゃいます。

しかし、夫に対する愛情がない場合は、早期の離婚を検討すべきです。

なぜなら、多くの場合、離婚に応じた方が妻側の経済的利益を最大化でき、反対に今後の生活は豊かになるからです。

まず、Sさんには、早期離婚のメリット、離婚に応じない場合のデメリットについて、ていねいに説明することで、離婚に前向きになってもらいました。

実際に、本件では、離婚の交渉の結果、慰謝料(生活支援金を含む。)として1000万円もの高額な賠償金を獲得できています。

通常、慰謝料の相場は200万円から300万円と言われています。

本件でも離婚に応じ場合、数年後に訴訟を提起されると、別居から長期間が経過するため離婚判決が出されたと予想されます。

その場合、慰謝料はせいぜい300万円程度であったと思われます。

1000万円もの高額な賠償金は、妻側が有利に立てる現在だからこそ、主張し、獲得できたのです。

なお、当事務所では、離婚を迷われている方で、夫への愛情がある方に対しては、夫婦関係修復のためのカウンセリングも行っております。

この事例の財産分与に関する説明は、こちらをご覧ください。

この事例の婚姻費用に関する説明は、こちらをご覧ください。

この事例の年金分割に関する説明は、こちらをご覧ください。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

慰謝料とは?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 不貞行為
  • 単身赴任
  • 浮気
  • 相手に浮気された
  • 慰謝料を増額
  

ケータイの予測変換から発覚!慰謝料をスピード回収できたUさんの事例

Uさんには、遠方で単身赴任をしている夫がいました。ある日夫のケータイの予測変換を見ると、女性とのやりとりと思われるワードが出てきたことから、夫の不貞が明るみになりました。Uさんは、相手に責任を取っても[...]

依頼結果:

慰謝料 200万円(200万円増額


女性 / 専業主婦 /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点