婚約破棄により慰謝料を請求されたが、交渉開始から約2ヶ月で解決した事例

ご相談者Aさん (福岡市博多区)
職業:保険会社勤務
解決までの期間:2ヶ月
解決方法:協議
慰謝料を請求された


サポート無 サポート有 利益
慰謝料 300万円 130万円 170万円の減額に成功

状況

保険会社に勤めるAさんは、Bさんと5年以上にわたり、交際を続けてきました。交際4年目には結婚に向けて準備を始めました。
Aさんたちは、婚約指輪を購入し、結婚式場も申し込み、式の日取りも決まっていました。
ところが、Aさんの結婚にAさんの両親が反対したことを受け、AさんとBさんは話し合いの場を持ちました。そのときの話合いの様子により、AさんはBさんと結婚することは難しいと考えるようになり、婚約を解消することに決めました。しかし、婚約解消に納得できないBさんは、Aさんに対して、慰謝料を請求しました。

弁護士の関わり

Aさんの希望は、Bさんとの紛争を家族に知られることなく、少しでも早く解決することでした。
Aさんに事情を確認した弁護士は、訴訟になった場合の見通しをAさんに説明し、早期解決を希望するAさんの意向に沿った活動を始めました。
婚約を解消されたBさんの心情に配慮した交渉を続けたところ、交渉開始から約2ヶ月で、合意が成立しました。

補足

婚約解消による慰謝料が発生したといえるには、①婚約の成立、と、②不当な破棄であること、が必要です。
Aさんの場合は、交際期間もある程度長く、また結婚式に向けて具体的な準備をすすめていたため、①が成立することに争いの余地はありませんでした。
またAさんの婚約解消の理由は、法律上②「不当な」破棄と評価される可能性が非常に高いものでした。
そこで、弁護士は訴訟になった場合の慰謝料額について見通しをたて、交渉した結果、交渉開始から約2ヶ月で、早期解決にいたりました。
Aさんの事例のように、親の反対をきっかけに婚約を解消した、解消されたとしてご相談に来られる方は少なくありません。
もっとも、婚約破棄の不当性や慰謝料額の妥当性を判断するには専門的な知識が必要です。
婚約解消に関してお困りの方は、ぜひ一度弊所にご相談ください。
婚約破棄について、詳しくはこちらをご覧ください。


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

慰謝料とは?