妻の不貞の相手方から290万円を一括払いで受け取った夫Tさん(30代)の例

ご相談者Tさん (小郡市)
婚姻期間:3年
解決方法:協議
子どもなし
離婚を切り出した


状況

Tさんは妻と3年前に結婚しました。子どもはいませんでした。しかし、妻が他の男性と不倫したことが発覚したため、妻のことを信頼できなくなり離婚することとしました。Tさんは、相手の男性を許すことができず、慰謝料を請求することとしました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、Tさんから慰謝料請求の依頼を受け、相手に対して内容証明郵便にて慰謝料300万円を請求しました。相手にも、弁護士がつき、減額を求めて来ましたが、粘り強く交渉した結果、290万円の一括払いで示談が成立しました。

 

補足

この事案では、婚姻期間が短く、子どももいなかったため、それほど高額の慰謝料は望めませんでした。しかし、相手に資力があったこと、また、Tさんの精神的苦痛の程度をできるだけ詳細に相手に伝え、粘り強く交渉した結果、高額の慰謝料を受領することができました。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

慰謝料とは?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 解決金
  • 破綻していた
  • 性格の不一致
  • 慰謝料を減額
  

作戦的に慰謝料を支払うことでスムーズに離婚を成立させた夫Hさんの事例

Hさんは、15年前に結婚し、その後3人の子どもをもうけました。しかし、1年ほど前に突如妻の代理人弁護士から性格の不一致を理由とする離婚協議の申し入れがありました。この時点でHさん自身も夫婦関係が非常に[...]

依頼結果:

慰謝料 200万円(300万円減額)
 


30代男性 / 会社員 / 婚姻期間:15年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点