不倫妻にラブホテルに出入りする証拠を突きつけ、離婚を成功させた夫Tさんの事例

ご相談者Tさん (熊本)
職業:医師
世帯年収:22000万円
婚姻期間:18年
解決までの期間:3ヶ月
解決方法:協議
子どもあり (4人)
離婚を切り出した

相手:40代看護師


依頼前 依頼後 増額利益
離婚 ×
慰謝料 × 500万円 500万円
親権 長男のみ
財産分与 × 100万円 100万円
養育費 月額21万円
年金分割 50%

 

 

状況

Tさんは、18年前に妻と結婚し、4人の子どもに恵まれました。長男は高校生、長女は中学生、二男と二女は小学生です。
ところが、妻に挙動不審に様子が見られるようになり、調査会社に素行調査をご依頼されました。すると、妻が他の男性とラブホテルに出入りしていることがわかりました。
Tさんは大変ショックを受けました。また、子ども達のことを考えると、夜眠れないほど悩まれる状況でした。
Tさんは、今後のことについて、弁護士に相談しました。

弁護士の関わり

弁護士は、Tさんの代理人として、妻に対して、協議離婚を申し入れました。
妻は、当初、離婚に応じないと言ってきました。また、そもそも、自分は不倫なんかしていないと反論してきました。
これに対して、弁護士は、妻が男性とラブホテルに出入りする証拠を開示しました。すると、妻は一転し、不倫を認めてきました。しかし、やはり離婚には応じたくない、やり直したいと回答してきました。
弁護士は、Tさんに意思確認したところ、離婚の意志は固く、修復はしないとのことでした。そこで、弁護士は妻と再度交渉し、離婚に応じさせました。

補足

離婚訴訟において、裁判所が離婚を認めるのは、民法所定の離婚原因がある場合です。

離婚原因について、くわしくはこちらをごらんください。
本件では、離婚原因のうち、「相手方に不貞行為があったとき」(民法770条1項1号)に該当することは明確であり、訴訟を提起しても、裁判離婚が認められる事案でした。
なお、不貞の事案では、不倫した相手方が「不倫していない」などと、嘘をついてくることもあります。そのため、証拠があると安心できます。もっとも、調査会社の費用は決して安くはありません。証拠の要否等については、離婚専門の弁護士にご相談されることをおすすめします。

この事例の慰謝料に関する説明は、こちらをごらんください。

この事例の親権に関する説明は、こちらをごらんください。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

離婚が認められるか

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 離婚に応じない
  • 金銭問題
  • 熟年離婚
  • 別居の拒否
  • 性格の不一致
  • 離婚の成立
  

将来の生活への不安から離婚に消極的な妻との熟年離婚を成立させた夫Bさんの事例

Bさんは、30年前に婚姻し、その後長女が誕生しました。長女は既に成人しています。Bさんと妻の関係が悪化したのは、Bさんの仕事の関係で転勤をしなければならなくなった際に、妻が一緒について行かないと言った[...]

依頼結果:

財産分与 1200万円(請求額から900万円減額に成功


50代男性 / 会社役員 / 婚姻期間:30年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点