結婚して1ヶ月でスピード離婚を成立させた夫Tさん(20代)の事例

ご相談者Tさん (千葉県船橋市)
職業:会社員
婚姻期間:1ヶ月
解決までの期間:1週間
解決方法:協議
離婚を切り出した


サポート無 サポート有 利益
離婚 ×不成立 ○成立
慰謝料 妻は300万円を要求 0円 300万円

 

状況

Tさんは、半年ほど前に知人の紹介で妻と知り合い、婚約しました。

しかし、婚約後、妻の性格の異常さを感じるようになりました。妻は嫉妬心が強く、Tさんが友人の女性と話をしたりするだけで不貞行為と決め付け、激昂する等しました。

そして、結婚式のときも、妻はTさんが職場同僚の女性と親しげに話していることに対して腹を立て、Tさんを激しく責め続けました。

そんな妻に対して、Tさんも我慢ができず、妻と口論となり、妻は実家へ帰りました。

Tさんは、結婚式から3日間しか経っていませんでしたが、妻との結婚生活を継続していく自信を失い、離婚を決意しました。Tさんは、最初、当事務所以外の法律事務所に相談に行きましたが、そこでは離婚は認められないと言われ、友人に相談しました。そして、友人から当事務所のことを聞いて、当事務所の弁護士に相談しました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、Tさんから詳しく事情を聞き、妻と協議離婚の代理交渉の依頼を受け、交渉を行いました。

当初、妻は、離婚に応じないと主張しました。

また、Tさん対して、不貞行為の慰謝料として300万円を要求しました。

これに対して、弁護士は、結婚を継続させた場合のデメリット等を説明しました。訴訟や長期化した場合、双方とも精神的負担、経済的負担等が発生すること等です。

また、Tさんが不貞行為など行っていないこと、すべて妻の思い込みであること等を説明し、粘り強く説得しました。

その結果、受任からわずか1週間で協議離婚が成立しました。

 

補足

裁判所が離婚を認める場合(離婚原因)は法定されており、本件の場合は、この法定の離婚原因には該当しませんでした。このようなケースでは、弁護士に相談に行っても、離婚は無理だと冷たく対応されることもあります。

しかし、裁判等ではなく、話し合いによって離婚が成立する可能性は十分にあります。実際に当事務所では離婚が成立しない方が非常に稀です。

また、当事者同士では、どうしても感情的になってしまい、離婚が成立しないことが多くあります。このような場合も代理人として弁護士を選任することで、冷静に話し合いができ、スムーズに協議が成立することがあります。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

離婚が認められるか

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 離婚に応じない
  • 不貞行為
  • 単身赴任
  • 過大な要求をする
  • 性格の不一致
  • 離婚の成立
  

夫の不倫を理由に離婚条件を吊り上げてきた妻との協議離婚を成立させた、夫Oさんの事例

Oさんは約25年前に結婚し、二女一男をもうけました。女性問題があったこともあり、次第に会話がなくなっていき、夫婦としての実態もなくなり、離婚を申し出ましたが、拒否。その後、Oさんは単身赴任。現状を何と[...]

依頼結果:

離婚 ○成立


50代男性 / 会社役員 / 婚姻期間:25年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点