妻と不倫相手の男性から合計500万円の慰謝料を取得した夫Tさんの事例

ご相談者Tさん (熊本)
職業:医師
世帯年収:22000万円
婚姻期間:18年
解決までの期間:3ヶ月
解決方法:協議
子どもあり (4人)
離婚を切り出した

相手:40代看護師


依頼前 依頼後 増額利益
離婚 ×
慰謝料 × 500万円 500万円
親権 長男のみ
財産分与 × 100万円 100万円
養育費 月額21万円
年金分割 50%

状況

Tさんは、18年前に妻と結婚し、4人の子どもに恵まれました。長男は高校生、長女は中学生、二男と二女は小学生です。
ところが、妻に挙動不審に様子が見られるようになり、調査会社に素行調査をご依頼されました。すると、妻が他の男性とラブホテルに出入りしていることがわかりました。
Tさんは大変ショックを受けました。また、子ども達のことを考えると、夜眠れないほど悩まれる状況でした。
Tさんは、今後のことについて、弁護士に相談しました。

弁護士の関わり

弁護士は、Tさんの代理人として、妻に対して、協議離婚を申し入れました。

また、不倫相手の男性に対しては、内容証明郵便により、慰謝料を請求しました。

 

妻は、当初、離婚に応じないと言ってきました。また、そもそも、自分は不倫なんかしていないと反論してきました。

また、相手方の不倫男性も、同じように当初、不倫を否定してきました。また、男性は弁護士を立てて反論してきました。

そこで、弁護士は、妻が男性とラブホテルに出入りする証拠を妻と男性側に開示しました。すると、妻と男性側は一転し、不倫を認めてきました。

そして、慰謝料の額について、協議した結果、妻が200万円、男性が300万円を支払うという内容で和解が成立しました。

 

補足

配偶者の不貞行為を理由として離婚する場合、裁判所における慰謝料の相場は200万円から300万円程度と言われています。

慰謝料について、くわしくはこちらをごらんください。

 

本件では、妻と、不倫相手の男性は、裁判にされることに対して強く拒絶していました。
他方、Tさんは、感情的になっており、訴訟を辞さないという考えでした。そこで、弁護士は、強気のスタンスで交渉しました。
その結果、合計500万円という、通常の相場を大幅に超える慰謝料の獲得に成功しました。

 

この事例の離婚に関する説明は、こちらをごらんください。

この事例の親権に関する説明は、こちらをごらんください。



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

慰謝料とは?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 解決金
  • 不貞行為
  • 相手に浮気された
  • 慰謝料を増額
  

不貞相手から裁判をすることなく交渉で250万円の慰謝料を取得できたMさんの事例

Mさんは、14年前に妻と結婚し、平穏に暮らしてきました。ところが、婚姻後13年ほどして、妻が不貞行為をしてきたことが発覚しました。妻によると、関係は数年間続いていたとのことです。Mさんは、このことをき[...]

依頼結果:

慰謝料 250万円(250万円増額


30代男性 / 会社員 / 婚姻期間:14年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点