不倫妻から長男の親権を取得した夫Tさんの事例

ご相談者Tさん (熊本)
職業:医師
世帯年収:22000万円
婚姻期間:18年
解決までの期間:3ヶ月
解決方法:協議
子どもあり (4人)
離婚を切り出した

相手:40代看護師


 

依頼前 依頼後 増額利益
離婚 ×
慰謝料 × 500万円 500万円
親権 長男のみ
財産分与 × 100万円 100万円
養育費 月額21万円
年金分割 50%

状況

Tさんは、18年前に妻と結婚し、4人の子どもに恵まれました。長男は高校生、長女は中学生、二男と二女は小学生です。
ところが、妻に挙動不審に様子が見られるようになり、調査会社に素行調査をご依頼されました。すると、妻が他の男性とラブホテルに出入りしていることがわかりました。
Tさんは大変ショックを受けました。また、子ども達のことを考えると、夜眠れないほど悩まれる状況でした。
Tさんは、今後のことについて、弁護士に相談しました。

弁護士の関わり

弁護士は、Tさんの代理人として、妻に対して、協議離婚を申し入れました。
妻は、当初、離婚に応じないと言ってきました。また、そもそも、自分は不倫なんかしていないと反論してきました。
これに対して、弁護士は、妻が男性とラブホテルに出入りする証拠を開示しました。すると、妻は一転し、不倫を認めてきました。しかし、やはり離婚には応じたくない、やり直したいと回答してきました。
弁護士は、Tさんに意思確認したところ、離婚の意志は固く、修復はしないとのことでした。そこで、弁護士は妻と再度交渉し、離婚自体については、応じるという方向になりました。
妻は、親権については取得したいと主張してきました。
他方、Tさんは、子ども達の気持ちを尊重したいという意向でした。子ども達のうち、長男は、Tさんとの生活を強く希望しました。そこで、弁護士は妻を説得し、長男の親権はTさんが取得するという内容で協議が成立しました。

 

補足

親権の争いは、子どもが小さいうちは、監護実績が重視されます。
しかし、一定程度の年齢になると、監護実績よりも子ども自身の意思が重視されます。
本件では、子どもが長男は高校生であり、また、今後の生活についての明確な意見を持っていました。長男の強い意向を伝えることで、妻は最終的に親権を諦めることとなりました。

親権について、くわしくはこちらをごらんください。

 

この事例の離婚に関する説明は、こちらをごらんください。

この事例の慰謝料に関する説明は、こちらをごらんください。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

親権とは?
親権者指定の判断基準を押さえる
親権を取得するための留意点

あなたにおすすめの事例

検索条件: 親権

  • 1
  • 浮気
  • LINE
  • 親権
  • 相手に浮気された
  

夫の女性関係に悩み、最終的に子どもの親権者となり離婚を成立できた妻Eさん

約4年前に婚姻し、その後長女が誕生しました。婚姻後3年を過ぎた頃に特定の女性と頻繁にLINEのやり取りをするようになりました。女性に対しても夫に関わらないよう強く求めましたが、夫の行動が止むことはなか[...]

依頼結果:

親権 ○(獲得


30代女性 / パート / 婚姻期間:4年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点