内縁期間中の不貞行為に基づく慰謝料請求をして、100万円を獲得したEさんの事例

ご相談者Eさん (鹿児島市)
職業:会社員
婚姻期間:20年
解決までの期間:1年2ヶ月
解決方法:裁判
子どもなし
慰謝料を請求した

相手:50代自営業


サポート無 サポート有 増額利益
慰謝料 0円 100万円 100万円

 

状況

Eさんは相手方と婚姻後、20年ほどして離婚しました。

離婚してから2年ほど経過した頃、Eさんは相手方と復縁し同居生活を開始しましたが、籍は入れませんでした。
同居生活は1年半弱でしたが、その間に相手方は不貞行為と疑われる行為をしました。

その後、Eさんは、相手方の一方的な嫌がらせにより同居関係を解消させられました。
その際、手も出され半ば力づくで追い出されました。

これまで尽くしてきたにもかかわらず相手方から裏切られて深く傷付いたEさんは、せめて相手方に法的責任をとってもらいたいと思い、弊所にご来所、ご相談されました。

弁護士の関わり

ご来所された際、Eさんは相手方から裏切られた悔しさでいっぱいでした。
そして、Eさんはこの悔しさを分かってもらいたい、何とか晴らしたいと考えていました。

 

弁護士はまず、Eさんからこれまでの事情を細かく聴取しました。
そして、本件では「内縁関係の立証」「不貞行為の立証」「手を出したことの立証」がポイントになることを説明し、Eさんの悔しさを晴らすために尽力する旨伝えました。

 

次に、弁護士は相手方に内容証明郵便を送って慰謝料請求をしました。
その後、相手方に代理人が就きましたが、相手方は「単なる同居関係にすぎない」「手は出していない」などと反論して、解決金として5万円を提示してきたため、全く話にならない状況でした。

 

Eさんは相手方のこのような対応に更に深く傷付きました。
そのため、Eさんの強い意向で慰謝料請求訴訟を提起しました。

訴訟提起後、弁護士は「内縁関係」「不貞行為」「手を出したこと」の立証をすべく、様々な証拠を提出し、また裁判所の手続きを利用する等しながら主張を展開していきました。
その結果、最終的には相手方が100万円の解決金を支払う形での和解が成立しました。

 

補足

本件では「内縁関係」「不貞関係」「手を出したこと」の各点が問題となりました。
特に大きな争点となったのは「内縁関係」の有無です。

内縁関係中に不貞行為を行った場合も慰謝料請求の対象となると考えられています。
しかし一般的に「内縁関係」の立証は難しいとされています。

なぜならば、
「内縁」とは、婚姻意思をもって共同生活を営み、社会的・習俗的には夫婦と認められる実質を有しながら、婚姻の届出をしないため、法律上の夫婦と認められない男女の関係をいう。
と定義されるため、「婚姻意思」があることが大前提となるからです。

 

そのため、相手方からは「単なる同居関係」と反論されることも少なくありません。
本件でもそのように反論されました。

 

その際、単に泣き寝入りするのではなく何とか悔しさを晴らすために、できることであれば何でもしたいと考える方もいらっしゃると思います。
そして、「内縁関係」の立証にあたっては専門家のサポートが不可欠です。

 

本件のEさんのようにお悩みの方は是非ご相談いただければと思います。

 

不倫(不貞行為)と慰謝料の詳しい解説はこちらからどうぞ



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

慰謝料とは?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 不貞行為
  • 単身赴任
  • 浮気
  • 相手に浮気された
  • 慰謝料を増額
  

ケータイの予測変換から発覚!慰謝料をスピード回収できたUさんの事例

Uさんには、遠方で単身赴任をしている夫がいました。ある日夫のケータイの予測変換を見ると、女性とのやりとりと思われるワードが出てきたことから、夫の不貞が明るみになりました。Uさんは、相手に責任を取っても[...]

依頼結果:

慰謝料 200万円(200万円増額


女性 / 専業主婦 /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点