バイト先で不倫した妻から慰謝料400万円を取得できた夫Hさんの事例

ご相談者Hさん (久留米市)
職業:会社員
世帯年収:450万円
婚姻期間:5年
解決までの期間:6ヶ月
解決方法:調停
子どもあり (2人(長女4歳、長男1歳))
慰謝料を請求した

相手:20代パート


 

サポート無 サポート有 増額利益
離婚 ×
親権 ×
慰謝料 400万円  400万円

状況

Hさんは、5年前に妻と結婚し、2人の子ども(長女4歳、長男1歳)に恵まれました。

Hさんは、子煩悩で妻と子ども達のために朝早くから晩遅くまで働き、家族を養っていました。
妻は、家庭に閉じこもりたくないタイプで、下の子はまだ1歳でしたが、保育園に預け、飲食店でパートとして働くことにしました。

ところが、妻は働きに出てからしばらくすると、夜遅く帰宅するようになりました。妻は職場の懇親会と言っていました。
Hさんは妻を信じようとしましたが、あまりにも挙動が怪しかったので、調査会社に素行調査を頼みました。

すると、妻がバイト先の同僚の男性と不倫していることがわかったのです。

弁護士の関わり

弁護士は、妻との関係で、審判手続の依頼を受け、家裁へ戦いました。

また、不倫相手の男性には内容証明郵便にて慰謝料を請求しました。

家裁では、Hさんが監護者として相応しいという調査結果が出され、最終的にHさんが親権を取得できました。
不倫相手の男性は、当初、慰謝料を支払わないと主張しましたが、弁護士は粘り強く交渉しました。
その結果、不倫相手の男性と妻は、Hさんに対して連帯して400万円を分割して支払うという内容の合意を成立させることができました。

 

補足

不貞行為の被害者の方は、信じていたパートナーの裏切りに大きなショックを受けている場合が多いです。

本件では、妻と不倫相手の男性は、交際期間はそれほど長期ではありませんでした。
しかし、妻はその男性に対して、夫と別れて再婚したいなどと言う手紙を書いていたりしており、悪質な事案でした。それだけHさんのショックも大きかったといえます。

このような場合、不貞行為を行った加害者が誠心誠意、対応してくれないことがあります。このような場合、弁護士の交渉で状況が変わることもあります。

 

慰謝料について、くわしくはこちらをごらんください。

 

この事例の親権に関する説明は、こちらをごらんください。

 

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

慰謝料とは?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 解決金
  • 不貞行為
  • 相手に浮気された
  • 慰謝料を増額
  

不貞相手から裁判をすることなく交渉で250万円の慰謝料を取得できたMさんの事例

Mさんは、14年前に妻と結婚し、平穏に暮らしてきました。ところが、婚姻後13年ほどして、妻が不貞行為をしてきたことが発覚しました。妻によると、関係は数年間続いていたとのことです。Mさんは、このことをき[...]

依頼結果:

慰謝料 250万円(250万円増額


30代男性 / 会社員 / 婚姻期間:14年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点