ホステスと不倫した会社社長の夫から500万円の慰謝料を取得できた妻Kさんの事例

ご相談者Kさん (大阪府)
職業:専業主婦
世帯年収:3500万円
婚姻期間:12年
解決までの期間:10ヶ月
解決方法:調停
子どもあり (2人)
慰謝料を請求した

相手:30代会社経営者


サポート無 サポート有 増額利益
慰謝料 0円 500万円 500万円
財産分与 1000万円 2500万円 1500万円
養育費 月額20万円 月額40万円 月額20万円
婚姻費用 月額25万円 月額62万円 月額37万円
年金分割 50% 50%

 

状況

Kさんは、12年前に夫と結婚し、2人の子どもを出産しました。
夫は、父から継いだ会社を経営しており、家庭は裕福でした。

しかし、夫は、毎晩のように、飲みに出かけており、帰宅は朝方になることも度々ありました。
Kさんは、会社経営者だから多少の付き合いは仕方ないと思って我慢していました。

ある日、テレビを見ていると、夫がタレントと北の高級クラブでホステス相手にお酒を飲んでいる様子が映りました。
Kさんは驚きましたが、これも付き合いなのだろうと自分に言い聞かせました。

しかし、万一のこともあると考え、今後の対応について、当事務所に相談しました。弁護士は、証拠が重要であると説明し、Kさんに調査会社を紹介しました。
調査会社の調査の結果、夫はホステス数名と不倫していることが判明しました。

Kさんは、離婚を決意し、子どもを連れて夫と別居しました。そして、弁護士に交渉を依頼されました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、夫に協議離婚申入書を送付し、離婚慰謝料を求めました。
夫は、すぐに、自分の会社の顧問弁護士を代理人に立てました。

そして、相手方弁護士は離婚には応じるが、慰謝料については支払う義務がないと反論してきました。
また、夫が十分な生活費を支払わなかったので、弁護士は家庭裁判所に調停を申し立てました。

調停においても、夫側は当初、慰謝料を支払わないと主張していました。

そこで、弁護士はホステスとの不倫の証拠があること、また、裁判例においてもホステスとの不倫で高額の慰謝料が認められて事案があること等を主張しました。

その結果、離婚慰謝料500万円(解決金3000万円の一部)での和解を成功させました。

補足

配偶者の不貞行為を理由として離婚する場合、裁判所における慰謝料の相場は200万円から300万円程度と言われています。

慰謝料について、くわしくはこちらをごらんください。

 

本件では、相手方が会社経営者であり、経済的に十分な資力があるという事案でした。

経済力については、判決に至った場合、直接的な影響はそれほどありませんが、調停等の交渉レベルでは大きな影響を及ぼします。

相手に経済力がある場合、多少高額でも裁判を望まない場合が多いからです。

また、婚姻費用において、高額な支払が命ぜられていたため、相手方としては早急に解決したいという動機付けになったのではないかと思われます。

 

この事例の財産分与に関する説明は、こちらをごらんください。

この事例の養育費に関する説明は、こちらをごらんください。

この事例の婚姻費用に関する説明は、こちらをごらんください。

この事例の年金分割に関する説明は、こちらをごらんください。

 

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

慰謝料とは?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 婚約破棄
  • 浮気
  • 流産
  • 相手に浮気された
  • 慰謝料を増額
  

婚約者の女性関係により婚約解消。元婚約者から慰謝料を獲得したAさんの事例

結婚前提とした同居を開始。妊娠を機に入籍日、結婚式を挙げることも決め婚約。ところが、男性は婚約後間もなく、他の女性と肉体関係を持ち、精神的ダメージもあり、流産。納得がいかなかったため、今後のことについ[...]

依頼結果:

慰謝料 112万円(112万円増額


20代女性 / 会社員 /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点